融資希望額

100万円~150万円借りる方法:利息や返済、申込のコツを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
100万円~150万円借りる方法:利息や返済、申込のコツを解説

「キャッシングってせいぜい10万円程度しか借りられないもの」なんて思っていませんか?そんな思いこみから複数のカードローン会社で少額ずつの融資を受けてしまい、結果多重債務者になってしまってる人結構多いんですよね。でもこれ、本当に効率の悪い借金の仕方なんです。

何故かと言うと、カードローン会社の金利って融資限度額が100万円を超えると一気に下がる(つまり、利息が減る)んです。実際に借りる金額ではありませんよ。キャッシング枠のお話です。だから、1社で100万円の融資枠をゲットした方が複数社で少しずつ借りるより返済が絶対にお得なんです。

そうはいっても「100万円以上の大金なんて貸してくれないでしょ」と言う非難の声が聞こえてきそうですが、実は全然そんなことないんです。100万円~150万円は多くの人がキャッシング会社で融資を受けられる現実的な金額なんですよ。その理由や、「100万円~150万円借りる方法」詳しく紹介していきます。

100万円~150万円借りると金利(利息)はどうなる?

始めに金利について、もう少し詳しくお話ししておきましょう。

金利って何?100万円以上の融資枠で金利がお得になる理由は?

金利が下がる

キャッシングなどでお金を借りると、借りたお金(元金)に利息(利子)を加えて返済しなければなりません。カードローン会社などの貸金業者は、この利息で儲けているわけですね。

とはいえ、貸金業者は好きなだけ高い金利を設定していいというわけではなく、利息制限法という法律で決められている上限金利の範囲内で融資(貸付)を行わなくていけません。もし、利息制限法で定められた金利を超えてしまうと罰金をとられたり、最悪の場合は営業停止処分を受けてしまうので、違法業者(闇金業者)でない限り、利息制限法の上限金利を守って融資を行っています。

利息制限法の上限金利
融資金額 上限金利
10万円未満 20.0%
10万円~100万円未満 18.0%
100万円以上 15.0%
キャッシー
これより高い金利が設定されていたら、それは間違いなく借りてはいけない闇金です。

上の表で分かる通り、100万円未満の融資では最高18.0%の金利を設定することができますが、100万円以上は15.0%までしか金利を設定することができません。これは最初にお話した通り、実際に借りた金額ではなく融資限度額(キャッシング枠)に対して設定される数字ですから、同じ50万円借りたとしても限度額の違いで返済額には大きな差が生じることになるのです。

金利の違いによる返済総額の違い(12ヶ月払い例)
借入額 返済総額(金利15.0%) 返済総額(金利18.0%) 差額
50万円 541,544円 550,074円 8,530円
100万円 1,083,094円 1,100,153円 17,059円
150万円以上 1,624,645円 1,650,235円 25,590円
200万円以上 2,166,194円 2,200,314円 34,120円
キャッシー
ここが重要

キャッシング枠(融資限度額)が上がるほど金利設定は下がるので、
実際の差額(お得額)はもっと大きくなります。

100万円以上借りたい人の使い道

実際に借りた人の「お金を借りる理由」

キャッシングで100万円~150万円もの大金を借りるとなると、それなりの理由があるはずです。皆さんが借りたお金をどんなことに使っているのか調査してみました。

借金の理由ベスト5

  • 第1位:退職・失職
  • 第2位:結婚式・飲み会
  • 第3位:旅行・帰省
  • 第4位:引っ越し
  • 第5位:学費・教育費
  • 番外編:ギャンブル・風俗

第1位:退職・失職

会社を辞めたら「退職金が予想外に少なかった」「再就職先がなかなか見つからない」といった理由で、当面の生活費にあてるためにキャッシングを頼ったという人が少なくありません。ただし、無職になってからだと新規のカードローン審査には通りませんから、就職してる時にカードローンを契約しておく必要があります。

在職中お財布がピンチの時に借りてたキャッシングに失職して大金を借りるようになってしまった、というケースですね。仕事を失ってしまい、失業保険も切れたとなると、毎月かなりの生活費が必要になってしまうので借金が100万円を超えてしまうのも納得です。

急なリストラなどはやむを得ないとしても、会社を辞めるときは次の仕事を見つけておくという計画性が大切ですね。

第2位:結婚式・飲み会

結婚式というとご祝儀が必要になりますが、実はそれ以外にも洋服・バッグ・靴・美容院代などかなりの出費があります。結婚適齢期と言われる20代中盤~30代前半は、友人の結婚式が立て続けに入ることも珍しくありません。同じ友人グループとなれば、服を着まわすこともできないので10万円を超える出費が年に何回もなんてことが起こってしまいます。

そんな時はどうしようもなくて(お金がないから結婚式に行けないなんて言えませんよね)キャッシングに頼るという人が多いようです。親に貸してって言ったら「人の結婚式ばかり行ってないで、あなたもさっさと結婚しなさい」なんてとんだ藪蛇になりかねませんもんね。

第4位:旅行・帰省

旅行や帰省にお金がかかってキャッシングという人も多いのですが、実はその後の生活費が足りなくなって借金したという人が多いんです。

実際、当サイトでも8月の旅行シーズンより9月にキャッシング申し込みを行う人が多いんです。旅行先で予定してた以上のお金を使ってしまった人、帰省したら実家にトラブルがあって親や兄弟にお金を渡すことになってしまったという人、親戚の子どもにお小遣いをねだられてしまった人、想定外の出費には注意が必要です。

第5位:学費・教育費

最近、学費(奨学金の返済)や子供の教育費でカードローンを利用する人が増えています。小中学生から私立に行かせたいという親が増えたことも一因にあるようです。金利の安い教育ローンの審査は厳しくて時間がかかるので、つなぎ融資として手軽なカードローンを利用される方が多いようです。

番外編:ギャンブル・風俗

番外編としましたが、トップ5に入る勢いがあるのがこの理由です。ギャンブルで借金をする人は、勝ったら飲みに行ったり風俗で遊んだりして豪遊してしまい、負けたときは勝つまでやるといった傾向があるので、結局は借金することになりがちです。

筆者は自己破産してしまった人にインタビューする機会が何度かあったのですが、その人たちのお金の使い道で最も多かったのが「ギャンブルと風俗」です。上に上げたトップ5の理由は一時的なものが多く、落ち着けば返済できるのですがギャンブルは依存してしまう人が多いため終わりがないんですね。その結果、借金→自己破産という道をたどってしまう人が後を絶ちません。

審査に通りやすい使い道

よく「審査に通りやすい使い道や利用目的はありますか?」という質問を受けるんですが、実は「審査に通りやすい使い道というものはありません。」

こんな回答ではブーイングを受けてしまいそうですね。しいて言うなら、地方銀行のカードローンに申し込む際「その銀行の営業地域に貢献する利用方法であることをアピールする」のは良い手だと言えます。たとえば、「〇〇地域への引っ越し資金」とか「〇〇大学の学費」といった具合です。地方銀行は地域の繁栄に貢献したいと考えているので、その点を突くのです。

審査に通らない使い道

必ず審査に通る使い道というものはありませんが、「審査に通らない使い道」というものはあります。

事業資金はビジネクスト

代表的なのが「事業性資金」です。とくに、消費者金融は事業資金への利用は許可されていません。(銀行カードローンは銀行によってまちまちです)

個人事業主さんや会社の社長さんが運転資金に使えるローンをお探しなら、事業者ローンが最適です。中にはカードローンタイプのものもありますし、総量規制の対象外(年収の1/3までしか借りられないという法律)なので100万円~150万円、もしくはそれ以上の金額でも借りられる可能性が高いです。最高限度額も一般のカードローンより高く設定されています。

人気のカードローンビジネクスト・事業者カードローン
ビジネクスト 実質年率 5.00%〜18.0%
限度額 最高1,000万円

解説ページ    公式サイト


ピンチくん
ビジネクストなら最短で即日融資も可能なんだって!

キャッシー
事業者ローンなのに店舗への来店不要でネット申込みに対応しています。

高額融資を受けるなら銀行カードローン?

100万円~150万円借りるなら銀行カードローンがいい?

100万円を超える高額融資を希望する場合、消費者金融より銀行カードローンに申し込んだ方がいいのでしょうか?確かに銀行カードローンは消費者金融より融資限度額が高く設定されてるケースが多いようです。しかし、実際には800万円や1,000万円といった超大金を借りられる人はほとんどいません。

というのは、以前は消費者金融には総量規制(年収の1/3までしか貸してはいけない)という法律で融資金額が抑えられてるのに対して、銀行にはそのような縛りがないため高額融資が受けやすいといった状況がありました。しかしながら昨今では、銀行カードローンが簡単にお金を貸しすぎて借金返済に苦しむ人が増えてしまったという社会的背景から銀行は融資に厳しくなっています。融資限度額が高く設定されていても、実際に借りられる金額は銀行カードローンも消費者金融も変わらないと考えて問題ありません。

ただし、銀行カードローンは消費者金融より金利が低い、限度額ごとに設定される金利が明確という2つのメリットがあります。

まずは主なカードローン会社の金利(実質年率)を見ていきましょう。下限金利(低い方の数字)は限度額の違いによるものが多いので、上限金利(大きい方の数字)に注目してください。

消費者金融と銀行カードローンの金利比較
金融機関 実質年率
みずほ銀行カードローン 年2.0%~14.0%
※住宅ローン利用で、カードローン金利引き下げサービスあり。
三井住友銀行カードローン 年4.0%~14.5%
三菱UFJ銀行カードローン バンクイック 年1.8%~14.6%
横浜銀行カードローン 年1.9%〜14.6%
オリックス銀行カードローン 年1.7%〜17.8%
プロミス 年4.5%〜17.8%
SMBCモビット 年3.0%〜18.0%
アコム 年3.0%〜18.0%
アイフル 年3.0%〜18.0%

全般的に銀行や信用金庫、信用組合などは消費者金融より金利が低い傾向にあります。(ただし、インターネット銀行は消費者金融と同等のケースも多い)

人気のカードローン横浜銀行カードローン
横浜銀行カードローン 実質年率 年1.9%〜14.6%
限度額 10万円〜1000万円

解説ページ    公式サイト

次に、みずほ銀行カードローンの限度額ごとの金利(2019年2月現在)を見てみましょう。

みずほ銀行カードローン金利

上の図のように、利用限度額ごとに金利が明記されています。消費者金融では〇〇%~〇〇%といった表示しかされてないため、審査に通るまで詳細な金利設定がわからないというデメリットがあります。高額融資を期待する場合、より具体的な金利を事前に知っておくことでしっかりした返済計画をたてることができます。この点は、銀行カードローンを利用するメリットと言っていいでしょう。

銀行カードローンのデメリット

補足

消費者金融より銀行カードローンの方がメリットが多いというイメージを持ってる方が多いようですね。でも、銀行カードローンにもデメリットがあります。それは、消費者金融より融資に時間がかかるという点です。

なぜ銀行カードローンは融資に時間がかかってしまうのかというと、それは多くの銀行が自行への口座開設を融資の条件としているからです。窓口に出向けば当日中に口座を開設することも可能ですが、ネット申込の場合は口座開設に数日かかってしまうので当然ながら融資スピードが遅くなってしまいます。

即日融資を狙っている人は、融資スピードが早い消費者金融を利用するか口座開設不要の銀行カードローンに申し込んだ方がいいでしょう。

100万円~150万円借りると毎月の返済額は?返済期間は?

アイフルで借りるとどうなる?

大手消費者金融で唯一銀行系ではない単独経営のアイフル。独自の審査システムが評判のアイフルを例に100万円~150万円借りると返済がどうなるか調べてみました。

アイフルの約定返済額(最低返済額)はいくら?

借入残高
(借入れ直後)
一回あたりの返済額
約定日制 35日サイクル制
100万円 26,000円 30,000円
150万円 31,000円 35,000円

返済回数は?

借入額 毎月の返済額 返済回数
100万円 26,000円 53回
150万円 31,000円 55回

※金利は15.0%で計算、最終月の返済額は異なります。

返済回数を減らすと毎月の返済金額はどうなる?

借入額100万円の場合
借入額 毎月の返済額 返済総額
24回 49,000円 1,161,028円
36回 35,000円 1,244,046円
48回 28,000円 1,331,944円
53回 26,000円 1,370,669円

※金利は15.0%で計算、最終月の返済額は異なります。

人気のカードローンアイフル
アイフル 実質年率 3.0%〜18.0%
限度額 最高800万円

解説ページ    公式サイト

早く借金を返したい人にオススメの返済方法

アイフルの返済例で紹介した通り、毎月の返済額を少しでも増やすことができれば返済総額を減らすことが可能です。上の例では、最低返済額26,000円を毎月28,000円と2,000円増額するだけで約4万円も節約できています。

また、毎月の返済額を増やすのは難しいという方は、ボーナス月などお財布に余裕がある時に思い切って追加返済してしまいましょう。これは、借入金(元金)をダイレクトに減らすことに役立つので、返済回数や返済総額を大幅に減らすことができます。100万円以上かりてしまった場合は、最少額だけ返済していたのではなかなか借金が減っていきませんから、こういった方法で効率よく返済していくことが大切です。

100万円~150万円借りると審査は厳しい?収入や年収の目安は?

融資希望額が100万円超、これは審査のハードルが一段階上がるといって間違いありません。といっても、借りるための難易度ではなくて限度額決定の難易度です。つまり、カードローン会社では10万円~50万円借りるのは比較的簡単ですが、100万円を超えると最初から希望金額がすんなり借りられる可能性が低くなってしまいます

希望額に100万円と書いて申し込んでも実際の融資枠が50万円だったなんて体験談は珍しくありません。かといって、他社で残りの50万円借りるという方法はおすすめできません。理由は初めにお話しした通り、それぞれの会社で高い利息を払わなくてはならなくなってしまうからです。この利息負担を軽減するために「借金一本化」「おまとめローン」という方法を進めているサイトが多いようですが、最近ではおまとめローンとしての利用を禁止しているカードローンがほとんどです。ですから当サイトでは、最初から複数の業者でお金を借りずに1社で高額融資をゲットする方法をお勧めしています。

年収300万円あれば100万円借りれる

既に説明した通り、貸金業者では年収の3倍以上の融資を行うことができません(総量規制)。ということは、100万円借りるには300万円以上、150万円借りるには450万円以上の収入が必要になってきます。でも、日本人の平均年収って450万円くらいありますから多くの人が100万円~150万円借りる権利を持ってるということになります。
※パートやアルバイト、フリーターの方でも問題ありません。

総量規制補足

補足

カードローン会社などの貸金業者(銀行は除く)に対して定められている貸金業法に「総量規制」という決まりがあります。

これは「年収の1/3を超える貸付を行ってはならない」というもので、違反すると罰金や営業停止といった罰則があります。

この年収の1/3には、他社での融資が含まれます。ただし、銀行カードローンでの融資や住宅ローンは含まれません。また、クレジットカードのショッピング枠も含まれません。(クレカのキャッシング枠は含まれます)

審査のコツ(1)あせるな!高額融資は段階を踏んで

では何故、希望額100万円は審査に通らないのか?それは「初めてのお付き合い」だからです。つまり、カードローンに申し込んですぐは100万円以上という高額融資が受けにくいというわけです。もちろん、かなりの高収入で大手企業の正社員といった好条件の人は最初から100万円以上の申請がすんなり通ることがあります。

人気のカードローンファーストプレミアムカードローン
ファーストプレミアムカードローン 実質年率 3.0%〜9.5%
限度額 100万円~800万円

解説ページ    公式サイト

自分はそんなに条件がいいわけではないという場合、どうすれば100万円借りれるのでしょうか?もうお分かりかもしれませんが、徐々に増額して希望金額の100万円や150万円に融資枠を広げていくんです。

つまり、最初は50万円でもいいから(実際、初回申込みでは50万円程度の限度額がつくことが多い)カードローン審査をパスして入会します。そして借りたお金を滞納することなく、きちんと返済して優良な利用実績、返済実績を作ってください。最低でも半年ほどの期間を経てから「増額申請」を行います。

早くお金を借りたいという気持ちは分かりますが、「急いては事を仕損じる」。無駄に審査落ちを重ねたり、多重債務者となって高額な利息に苦しむことになるよりいいと思いませんか?

人気のカードローンSMBCモビット
SMBCモビット 実質年率 3.0%〜18.0%
限度額 最高800万円

解説ページ    公式サイト

審査のコツ(2)希望額に関係なく収入証明書を提出しておけ

多くのカードローンが、「50万円までなら収入証明書の提出不要」としています。コツ(1)で説明した通り、いきなり高額の融資枠を狙うより段階を踏んだ方が高限度額がつきやすいのですが、申込時の希望金額を50万円未満とした場合でも収入証明書を提出しておくことが将来の高額融資に繋がることがあります。

というのは、自分から申請しなくてもカードローン会社から「増額の案内」がくることがあるのですが、この案内がくる人は返済が見込める、貸し倒れの心配がないカードローン会社にとって信頼できるお客さんです。申込時に自己申告の収入だけでなく、実際の収入証明書類を提出しておけばカードローン会社としては安心して増額のオファーをかけることが可能というわけなんです。

まとめ

初めから高額を狙わず増額を繰り返して100万円以上の融資枠をゲットする
50万円未満で契約する場合でも収入証明書を提出しておくと増額案内を受けやすい
高収入、大手企業の正社員なら最初から100万円~150万円借りられる可能性あり
年収300万円なら100万円、450万円なら150万円借りられる可能性大
複数社で借りるより1社で大きな融資枠を取った方が利息が得
銀行カードローンの金利は低い事が多いが、大金借りれるわけではない

(文:

関連ページ

あなたにピッタリのカードローン診断

今すぐ借りれる少額融資

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
// おまかせ広告