融資希望額

200万円~250万円借りる方法:リアルに200万円借りれるカードローン発見

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
200万円~250万円借りる方法

借金(ローン)には、色々な種類があります。200万円~250万円となると住宅ローンほどの大規模ローンではありませんが、「車を買う」ための「マイカーローン」とか「結婚式」のための「ブライダルローン」、最近では「インプラント」のための「デンタルローン」なんかも増えています。

たしかに、こういった名目で大金が必要になる場合もありますが、日々の生活費がかさんで200万円~250万円といった大金を借りたいといったケースもありますよね。(恥ずかしがることはありません。200万円超えの借金で最も多い使い道が「生活費」です。)

とはいえ200~250万円ともなると、親や友人も「はいよっ!!」なんて貸してくれませんよね。(残念ながら、私にはそんな大金貸してくれる知り合いいません。)ただの生活費では、上で話したような目的ローンも利用できません。そんな時に頼りになるのが使い道自由のキャッシングやカードローンです。「カードローンで200万円も借りれないでしょ」と諦めている方、実はそうでもないんです。

今回は、当サイトが見つけた200万円借りれるローン、カードローン、頼れるキャッシングを紹介します。

200万円~250万円借りるなら銀行カードローンか消費者金融どっち?

3万円とか5万円といった少額融資に強い印象のカードローンですが、200万円超の高額融資は無理なのでしょうか?カードローンのスペック表で融資限度額を確認すると、「500万円・800万円・1000万円」といった高額設定が並んでいます。つまり、200万円以上の高額でも借りることは可能だし、借りられる人はいるということです。では、具体的にどこなら借りることができるのでしょうか。

消費者金融で借りる

総量規制を乗り越える年収が必要

総量規制とは?

消費者金融系のカードローンの場合、収入によって融資限度額の上限が制限されています。キャッシングやカードローンについて調べたことがある方なら耳にしたことがあるかと思いますが、「貸金業法の総量規制」という法律で「年収の1/3以上の貸付を行ってはならない」と定められています。しかもこれは、1社で年収の1/3まで借りられるという話ではなく、カードローン業者やクレジットカード会社などの貸金業者での借金の合計額を指します。

例えば、年収300万円の人はアイフル1社で100万円以上借りることはできないし、アコムプロミスで50万円ずつ借りてる場合(借入残高100万円)、新たにSMBCモビットに申し込んでも審査には通らないし、アコムやアイフルに増額してもらうこともできないという事になります。

上記のことから、カードローン業者(消費者金融)で200万円借りるためには年収が600万円、250万円借りるためには750万円必要ということがわかります。日本人の平均年収って450万円程度ですから、消費者金融で250万円借りられる人って、かなり高収入の人ってことになってしまいます。

ピンチくん
そんな高収入ならキャッシングなんてしないよ~。

いえいえピンチくん、そんなことはありません。案外、このクラスの人って生活費かかるんですよね。会社でもそれなりの立場なので後輩や部下におごらなきゃいけない状況も多いし、冠婚葬祭が頻発する世代でもあります。それに、何と言っても子供にお金がかかる時期でもありますよね。公的な教育ローンは、金利は安いけど融資審査のハードルは高いし、子供って学費以外にも結構お金かかるんですよね。そんな時に使い勝手がいいのは、やっぱり融資が早くて使い道自由のカードローンなんですよね~。

収入次第でプレミアムローンの利用が可能

消費者金融系カードローンで200万円~250万円借りるとなると600万円~750万円の収入が必要になるわけですが、このレベルの年収があるならおすすめのカードローンがあります。それは、アイフルの「ファーストプレミアムカードローン」です。一般的なカードローンとの違いはズバリ金利です。

人気のカードローンファーストプレミアムカードローン
ファーストプレミアムカードローン 実質年率 3.0%〜9.5%
限度額 100万円~800万円

解説ページ    公式サイト

ファーストプレミアムローンの設定金利
融資限度額 金利
(実質年率)
100万円以上~200万円未満 年4.5%~9.5%
200万円以上~300万円未満 年4.5%~8.5%
300万円以上~400万円未満 年4.5%~6.5%
400万円以上~500万円 年4.5%~5.5%
500万円超~800万円 年3.0%~4.5%

この金利設定、カードローン業界にいればビックリの低金利なんですが、もっとわかりやすくするために他社と比較してみましょう。

大手カードローンと金利を比較
融資限度額 ファースト
プレミアムローン
アイフル みずほ銀行
カードローン
100万円以上~200万円未満 年4.5%~9.5% 年3.0%~18.0%
(金額別の金利は非公開)
年12.0%
200万円以上~300万円未満 年4.5%~8.5% 年9.0%
300万円以上~400万円未満 年4.5%~6.5% 年7.0%
400万円以上~500万円 年4.5%~5.5% 年6.0%
500万円超~800万円 年3.0%~4.5% 年2.0%~5.0%

どうですか?あの低金利と言われる銀行カードローン(しかもメガバンクのみずほ銀行)と比べてもファーストプレミアムローンは金利がかなり低いんです。

金利の幅について

ファーストプレミアムローンレーダーチャート

上の表を見ると、みずほ銀行カードローンの金利は「100万円以上~200万円未満:年12.0%」などと非常に明確な数字になってるのに対して、ファーストプレミアムローンの金利は「年4.5%~9.5%」といった具合に幅があります。

これは、融資審査で「年4.5%~9.5%」の範囲内で金利を決定するという意味です。初めからはっきりと分からないのは難点(一般のカードローンは金額別の金利は公開してない)ですが、高めの金利がついたとしてもファーストプレミアムローンはメガバンクのみずほより低金利なので、安心してください。

では次に、金利の違いによってどのくらい実際に支払う利息が変わってくるのか見てみましょう。

100万円を30日間借りた場合の金利の比較
融資限度額 支払う利息 法定上限金利との差額
15.0%(※法定上限金利) 12,328円
9.5% 7,808円 4,520円
8.5% 6,986円 5,342円
4.5% 3,698円 8,630円

※100万円借りる場合の法定上限金利は15.0%。これより高い金利はブラック金融(闇金)の可能性が高いので危険

わかりやすくするために100万円で計算してみましたが、融資限度額が200万円であれば差額はさらに大きくなります。金利が低いということは、200万円、250万円といった大金を借りる上では大きなアドバンテージになりますね。

このように、低金利でお得なファーストプレミアムローンですが、実はキャッシング枠が最低100万円と高額です。200万円以上借りたいあなたには、融資限度額の点でもポイントが高いのがファーストプレミアムローンなんです。

ただし、ファーストプレミアムローンはエグゼクティブ向けのローンなので誰でも借りられるというわけではありません。年収もそこそこ必要なんですが、正社員や公務員など安定して高収入を得ている人でなければ厳しいかもしれません。

また、一般のカードローンが20歳から利用できるのに対して、ファーストプレミアムローンは満23歳〜59歳という申し込み資格も定められています。自分がファーストプレミアムローンの申込条件にあてはまっているかどうか、しっかり確認してから申し込むようにしましょう。

銀行カードローンで借りる

消費者金融系のカードローンで200万円以上借りるとなると、最低でも3倍の600万円以上の収入が必要になってしまうわけですが、銀行カードローンを利用する場合はその縛り(総量規制=年収の1/3を超える融資不可)を受けることはありません。

なぜかというと、銀行は消費者金融とは違って貸金業者ではないので、貸金業法が定める総量規制の対象外なんです。つまり、銀行には年収による融資金額の上限は設けられていません。保証会社が「この人には返済能力がある」と判断すれば、高額融資を受けられるのです。

とはいえ昨今、銀行カードローンの貸りすぎによる自己破産が社会問題となり、銀行によっては融資金額を抑える傾向があります。とくに、大手メガバンクはこの傾向が強いようです。

そこで今の高額融資の狙い目はズバリ地方銀行です。

ネット銀行という手もありますが、ネット銀行の場合金利がイマイチです。消費者金融と同程度という事が多いので、銀行カードローンを利用するうまみが減ってしまうんですよね。銀行カードローンならではの低金利で、年収による上限金額をもうけていないという点で地方銀行がオススメです。

数ある地方銀行カードローンの中でも、スペックがダントツ優秀なのが、横浜銀行カードローンです。

人気のカードローン横浜銀行カードローン
横浜銀行カードローン 実質年率 年1.5%〜14.6%
限度額 10万円〜1000万円

解説ページ    公式サイト

ただ唯一残念なのが、横浜銀行カードローンは利用者が「神奈川県、東京都、郡馬県(前橋市、高崎市、桐生市)在住または在勤の人」に制限されています。ここさえクリアできれば、金利や融資限度額など条件面が素晴らしいです。しかも、配偶者に安定収入があれば専業主婦でも申し込めるし、年金生活者でも利用可能です。他社で借り入れ中の人は、横浜銀行カードローン1社にまとめて金利負担を減らす「おまとめローン」としての利用もOKです。

(注意)横浜銀行に口座がなくても申し込めますが、審査通過後契約までに口座開設が必要です。口座開設は店頭に出向くか、横浜銀行口座開設アプリも利用できます(来店不要)。

横浜銀行カードローンおすすめポイント

横浜銀行カードローンレーダーチャート・とにかく低金利
融資限度額が最大1000万円と高額
提携ATMが無料(※一部対象外)
・専業主婦OK(旦那様に安定収入があることが条件)
・年金生活者OK
・おまとめローンOK

申込条件:勤め先または住所が神奈川県、東京都、郡馬県(前橋市、高崎市、桐生市)にある人限定

(朗報)横浜銀行カードローンの融資審査を行う保証会社はSMBCコンシューマーファイナンス(株)です。審査を消費者金融のSMBCコンシューマーファイナンス(株)、つまりプロミスが行っている点も注目です。消費者金融業務で得た知識とシステムを利用しているため、融資までの流れがスムーズで融資に積極的な姿勢があります。

リアルに返済シミュレーション!毎月いくら?何カ月で返せる?

カードローン会社が決めた約定返済額(最少返済額)だけで毎月の返済を行うとどうなるか、先ほど紹介した横浜銀行カードローンを例に見てみましょう。

横浜銀行カードローンで200万円借りた場合の最少返済額
返済回数(金利11.8%) 返済額
1回 – 2回 30,000円
3回 – 69回 25,000円
70回 – 136回 20,000円
137回 – 204回 15,000円
205回 – 222回 10,000円
137回 – 204回 15,000円
223回 – 244回 8,000円
245回 – 273回 6,000円
274回 – 313回 4,000円
314回 – 380回 2,000円
381回 49円
返済総額 4,919,049円
ピンチくん
200万円しか借りてないのに500万円近く返さないといけないの~!?

200万円借りて規定通りの返済を行うと、返済回数は381回(約32年)返済総額は490万円を超えてしまうんです。これがカードローンの甘い罠。毎月の返済額を抑えることはできますが、200万円もの大金を借りた場合は最少返済額だけ支払っていたのでは借金はなかなか減りません。

では、毎月の返済額を初回と同額の30,000円のまま減額しなかった場合はどうなるのかシミュレーションしてみましょう。

横浜銀行カードローンで200万円借りて追加返済をした場合
返済回数(金利11.8%) 返済額
1回 – 110回 30,000円
111回 25,358円
返済総額 3,325,358

毎月の返済額を3万円にしたら

・返済回数が270回(約23年)短縮
・返済総額が約160万円激減

毎月の負担額を少し上乗せするだけで総返済回数や総返済額はこんなにも変わってしまうのです。もちろん、適用金利は全く変わっていません。200万円以上の大金を借りる場合は、最少額だけの返済を続けてはダメ!追加返済を使って計画的に返済することがとても大切です。

キャッシー
毎月の返済を上乗せするのがキツイという方はボーナス時だけ上乗せするのもオススメです

200万円でも即日融資は可能?250万円の即日融資は?

200万円もの高額融資はカードローン会社と何日も交渉しないとダメなのかというと、そんなことはありません。希望額に関係なく大手消費者金融であれば最短即日、銀行カードローンの場合でも翌日もしくは2~3日で審査結果が出ます。あなたに十分な返済能力があると判断されて200万円、250万円といった融資限度額(キャッシング枠)がつけば、当日融資も可能です。

ただし初めての取引の場合、カードローン会社が様子見をする可能性もあるので初めから希望通りの限度額がつかない可能性もあります。この場合は、定期的に利用と返済を繰り返し確かな信用実績(信頼関係)を作ることで「増額」という形で融資枠を広げていきます。200万円一度に借りたいという人には物足りない方法かもしれませんが、複数社で借入れを行うと金利負担が大きくなってしまうのでなるべく1社と末永く徹底的にお付き合いすることをお勧めします。

おまとめローンで借り換える

おまとめローンとは?

おまとめローンとは?

現在複数社で借入れ中の方で、毎月地道に返済してるのに借金が減らないと感じている方は「おまとめローン」を検討してみましょう。おまとめローンは借金を一本化することで金利を引き下げ、借金返済を楽にする方法です。

実は、カードローンの金利は融資限度額が大きい方が低くなります。つまり、A社で50万B社で50万C社で50万D社で50万、合計200万借りてる人がE社に200万円借りてA・B・C・D社に返済を行うと、E社への返済は今までの返済総額よりも低い金額で済みます。これは別々の会社で50万借りるよりも1社で200万借りた方が低い金利が適用されるためです。

返済のことを考えると、A社で設定された融資限度額50万を使い切ったからB社で借りるという考えはNGで、A社に増額をお願いするのが正解だったわけです。でも、もう複数から借りちゃってるよという人はABCD社どこかにお願いして増額してもらい、他社への返済を行うか元々金利が低い会社に「おまとめローンとして利用する」ことを使えて全額返済できる金額を借りて他社への返済を行うといいでしょう。借金を一本化することで、驚くほど返済が楽になりますよ。

おまとめローンにおすすめのカードローン

おまとめローンとして利用するなら金利が低い業者を選ばなくては意味がありませんが、おまとめ専用ローンは審査難易度が高く、しかも毎月の返済額は減らせても返済期間が長くなってしまうというデメリットがあります。これは多重債務者ばかり相手にしてるので致し方ないといったところでしょうか。そこで、カードローン業者の中では金利が低い銀行カードローンをおまとめローンとして利用することをおすすめします。複数の消費者金融で借り入れ中なら、銀行カードローンに借り換えれば少なくとも3%程度の金利引き下げが狙えます。まとまった金額を借りることに成功すれば、それ以上の金利引き下げもあります。

実は、最近「おまとめローン不可」という銀行カードローンが増えています。おまとめローンとして利用できるところの方が高額融資を受けられる可能性が高いので、「おまとめ不可」の銀行ではなく「おまとめローンOK」の銀行カードローンを狙ってください。

横浜銀行のおまとめローン

先ほど紹介した横浜銀行カードローンは、おまとめローンOKの数少ない銀行です。金利などのスペックも申し分ないので、借金一本化、金利負担低減に最適です。ぜひ、申し込む時に「おまとめローンとして利用する」ことを伝えてください。通常より、高額融資が受けやすくなります。ただし、おまとめ専用ではないので他社への返済まではやってくれません。借りたお金をうっかり使ってしまったなんてことのないように、すぐに返済してしまいましょう。

人気のカードローン横浜銀行カードローン
横浜銀行カードローン 実質年率 年1.5%〜14.6%
限度額 10万円〜1000万円

解説ページ    公式サイト

事業資金で200万円、250万円借りるならビジネスローン

使い道フリーのカードローンですが、一部の銀行カードローンをのぞいて事業性資金としての利用はできません。もちろん、会社の経営者や個人事業主さんでも、生活資金として利用するなら一般のカードローンが使えますが、事業資金の調達を考えてる方はビジネスローンを利用しましょう。

カードローン型のビジネスローンであれば、普通のカードローンと同じようにATMでお金を出し入れできますし、来店不要で最短即日融資にも対応してるので会社経営のピンチを救ってくれます。

注意しなければいけないのは、無担保・保証人なしで借りられるだけあって金利は低くありません。一般のカードローンと同程度です。一時的な資金難を乗り越えるには良いローンですが、長期的な資金調達には向いてるとは言えません。

担保にできる不動産があるのであれば、不動産担保カードローンを利用する手もあります。担保があるので、より高額の融資が期待できます。

まとめ

カードローンで200万円~250万円の高額融資を狙うなら、あなたの年収が大きく影響します。また、返済に苦労しないように低金利のカードローンを選ばなくてはいけません。

消費者金融で200万円借りるのは600万円以上の収入が必要
高収入・大手正社員・他社借入がないなどの好条件なら低金利のプレミアムローンが利用できる
融資を渋らない地方銀行のカードローンがおすすめ。
おまとめローンに利用できるカードローンで高額融資を狙う
事業資金の調達ならビジネスローンを利用する

(文:

関連ページ

3万~5万サクッと借りる


おまとめローンOK


ビジネスローン、即日融資のコツ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
// おまかせ広告