アイフル徹底調査

アイフルで10万円〜50万円借りたら、ズバリ返済額はいくら?【返済シミュレーションしてみた】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
アイフルで10万円〜50万円借りたら、ズバリ返済額はいくら?

アイフルで借りたら、返済ってどのくらい大変なんだろう…」と不安な方は、まずこの記事を読んでください。

アイフルの返済方式から返済額の算出方法、実際に10万円〜50万円借りた時の返済シミュレーション繰上げ返済(上乗せ返済)がどれだけお得なのかまで、できるだけわかりやすくまとめました。

リアルな数字を知ることで、かなり「ずしん」とくるものがあるはず。
無駄な借入れを防ぐには、【返済の現実】を知ることが一番!

返済のコツを掴んで、「アイフルで賢く借りて賢く返す」を実践しましょう!

キャッシー
アイフルの返済については、「消費者金融アイフルの実力は?調べてわかった8つのこと」も参考にしてください!

▼アイフル審査に通る人、落ちる人の特徴は?

アイフルの返済システムを超簡単に解説!

アイフルの返済は「借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式」

アイフルの返済方式は、「借入れ後残高スライド元利定額リボルビング返済方式」です。

ああ、ページを閉じようとした人、ちょっと待って!(笑)
そんな難しい解説はしません。こんな感じで覚えてください。

アイフルの返済は、毎月定められた一定の金額を返済していく
この「定められた金額」の中に利息も含まれている
返済が進めば元金充当の割合が多く、利息の割合が少なくなっていく
途中で追加借入れをした場合は、直後の借入残高に応じて返済額が変わる

とりあえずはこれでOKです。次の具体的な返済額へどうぞ!

時間に余裕のある人、もうちょっと詳しく知りたい方は、このまま追加の解説をお読みください(笑)

まず、リボルビング払い(リボ払い)。これは何となく知っている方も多いですよね。
いわゆる「リボ払い」というのは、『返済期間や回数を決めずに、毎月一定の金額を返していく返済方法』のこと。途中で追加利用しても月々の返済額は変わらないため、借入れが増減しやすいクレジットカードやカードローン(キャッシング)によく使われています。(「残高スライド」と付いている場合は借入れの残高によって返済額が変動しますが、それほど大きくは変わりません)

続いて、「元利定額」について。

「定額」は、月々の返済額が「借入額の何パーセント(定率)」ではなく、「10万円借りていたら○千円」といったように、金額があらかじめ指定されている返済方式です。
「元利」というのは、返済額の中に(元金だけでなく)利息も含まれているということ。例えば一回の返済額が5千円だとしたら、『利息+元金充当分=5千円』になります。

また、アイフルの返済方式には「借入れ後残高スライド」というキーワードが入っています。これは、返済の途中で再度借入れをした場合、追加借入れ直後の合計残高に合わせて返済額が動くという意味です。

アイフル返済方式

返済が進むごとに約定返済額も減っていく「残高スライド」とは違うので注意してください。

各消費者金融の返済方式は?

補足

同じ消費者金融でも、返済方式や返済額は会社によって違います。

キャッシング会社の返済方式
消費者金融 返済方式
アイフル 借入後残高スライド
元利定額リボルビング
プロミス 残高スライド
元利定額返済方式
アコム 定率リボルビング
SMBCモビット 借入後残高スライド
元利定額返済方式

返済日は「約定日(毎月指定日)」と「サイクル制(35日ごと」から選べる

アイフルの返済期日は、2種類から選択できます。

1つは、毎月自分で指定した日に返済をおこなう「約定日制」。返済日は自分に都合の良い日に、自由に設定できます。

もう一つは、「1ヶ月ごと」ではなく、もうちょっと間隔が長い「35日ごと」に返済期日が設定されている、「サイクル制」です。(最初にお金を借りた翌日からカウントされます)

ピンチくん
えー。どっちがいいかわからないなー。

ピンチくんのように「どちらがいいかわからない」「どっちでもいい」という人は、迷わず『約定日制』を選んでください。

なぜなら、返済サイクルが長いほど返済にかかる期間も長〜くなり、さらに完済までに払う利息も多くなってしまうからです。また、毎月決まった日の返済の方が、返済計画が立てやすいというメリットもあります。

借金なんて、少しでも早く、安く完済したいですよね?それなら、目先のラクさに飛びつかないことが大事。これは「リボ払い地獄」をふせぐための極意でもあります。

返済は約定返済日の10日前からできる!

補足

アイフルの返済は、約定返済日(返済期日)の10日前から可能です。

わざわざ返済期日まできっちり待たなくても、お金に余裕があるタイミングで返済できるのでとっても便利。

もし約定返済日の10日以上前に返済してしまった場合は、期日に再度返済を行う必要があるので注意してくださいね。

利息と返済額の計算方法

毎月支払う利息の計算方法は、基本的にどこのキャッシングでも同じです。(アコムの返済額でも解説しています)

アイフルの借入利率(金利)=3.0%〜18.0%
利息=借入残高×借入利率(金利)÷365日×借入日数

この「借入日数」のところには、前回返済日から次回返済日までの日数が入ります。(「約定日(指定日払い)」なら30日、「35日ごと」なら35日という感じ)

次に、この利息分を含めた具体的に毎月の約定返済額(最低返済額)はいくらになるか、を見ていきましょう。

アイフルの場合、借入れ残高によって返済額があらかじめ設定されています。

アイフルの約定返済額
借入残高
(借入れ直後)
一回あたりの返済額
約定日制 35日サイクル制
1円〜
100,000円
4000円 5000円
100,001円〜
200,000円
8000円 9000円
200,001円〜
400,000円
11000円 13000円
400,001円〜
500,000円
13000円 15000円
500,001円〜
600,000円
16000円 18000円
600,001円〜
700,000円
18000円 21000円
700,001円〜
800,000円
21000円 24000円
800,001円〜
900,000円
23000円 27000円
900,001円〜
1,000,000円
26000円 30000円
1,000,001円〜
3,000,000円
10万円増えるごとに1000円ずつプラス
3,000,001円〜
3,100,000円
47000円 51000円
3,100,001円〜
4,900,000円
10万円増えるごとに1000円ずつプラス
4,900,001円〜
5,000,000円
66000円 70000円
5,000,001円〜
7,900,000円
10万円増えるごとに1000円ずつプラス
7,900,001円〜
8,000,000円
100000円 96000円

具体的な約定返済額については、アイフルの会員ページにログインすると、簡単に調べることができますよ。

ピンチくん
500万円借りても、毎月の返済は7万円なのか〜

キャッシー
少ないでしょ?でも、これはあくまで「最低返済額」。一回あたりの返済負担が小さいのがリボ払いのメリットだけど、その分なかなか完済できないし、利息も多くなっちゃうから、追加返済(繰り上げ返済)はマストね。

10万円借りた場合の返済シミュレーション

ここからは、実際にアイフルでお金を借りたと仮定して、完済までの返済シミュレーションをしてみましょう。

まずは10万円借りたケースから。

たとえば女性向けカードローン「Sulali」で借りた場合、限度額が「最高10万円」に設定されていますから、まさにこのシミュレーションになります。申し込みを考えている方はよーく見ておいてくださいね。

★金利は18.0%で計算しました。
★追加借入なしで計算しました。
「約定日返済(毎月指定日払い)」で計算しました。

10万円借入時の約定返済額と返済回数

一回あたりの約定返済額:4000円

返済回数:32回(2年8ヶ月)

返済総額:126,260円

キャッシー
利息総額は26,260円になりました!

20万円借りた場合の返済シミュレーション

次に20万円借りた場合の返済シミュレーションです。

金利は18.0%で計算しました。
★追加借入なしで計算しました。
「約定日返済(毎月指定日払い)」で計算しました。

20万円借入時の約定返済額と返済回数

一回あたりの約定返済額:8000円

返済回数:32回(2年8ヶ月)

返済総額:252,450円

キャッシー
利息総額は52,450円になりました!

30万円借りた場合の返済シミュレーション

続いて30万円借りた場合の返済シミュレーションです。

金利は18.0%で計算しました。
★追加借入なしで計算しました。
「約定日返済(毎月指定日払い)」で計算しました。

30万円借入時の約定返済額と返済回数

一回あたりの約定返済額:11,000円

返済回数:36回(3年)

返済総額:388,683円

キャッシー
利息総額は88,683円になりました!

40万円借りた場合の返済シミュレーション

続いて40万円借りた場合の返済シミュレーションです。

金利は18.0%で計算しました。
★追加借入なしで計算しました。
「約定日返済(毎月指定日払い)」で計算しました。

40万円借入時の約定返済額と返済回数

一回あたりの約定返済額:11,000円

返済回数:53回(4年5ヶ月)

返済総額:582,494円

キャッシー
利息総額は182,494円になりました!

ピンチくん
ちょっ…!いきなり利息が20万弱!?しかも完済まで4年半もかかるって…。

キャッシー
残高が200,001円〜400,000円までは約定返済額は一緒だからね…。借入がほぼ倍なのに、毎月支払う額が同じなら、そうなるわね。
だからこそ、最低返済額に頼らない「上乗せ返済」ができるかどうかが重要になってくるってこと!

50万円借りた場合の返済シミュレーション

最後に50万円借りた場合の返済シミュレーションです。

金利は18.0%で計算しました。
★追加借入なしで計算しました。
「約定日返済(毎月指定日払い)」で計算しました。

50万円借入時の約定返済額と返済回数

一回あたりの約定返済額:13,000円

返済回数:58回(4年10ヶ月)

返済総額:751,057円

キャッシー
利息総額は251,057円になりました!
ちなみに、この返済シミュレーションだと最終的な利息割合は50%を超えちゃいます(笑)

ピンチくん
…。こわ〜〜〜

返済シミュレーションはこちらからできます。

▼あなたにぴったりの「アイフル」を知りたい人はこちら!

1000円上乗せするだけでこんなに違う!繰り上げ返済のススメ

アイフル返済 繰上げ返済

キャッシー
ここまで見てピンチくん、どう思った?

ピンチくん
一瞬、僕でも余裕で返済できるじゃんと思ったけど、完済までの期間と合計利息の大きさにビビりました…

キャッシー
そこそこ!それが超重要なの!

アイフルの約定返済額は「最低返済額」

アイフルの約定返済額は、契約者が無理なく返済していけるよう、かなり低めに設定されています。
(こちらでアコム・プロミスとの返済比較をしています!)
ただし、約定返済額だけで返し続けていくと、完済までかなり時間がかかりますし、支払い利息も高額になってしまうという大きな問題点があります。

そこで知っておきたいのが、アイフルの約定返済額は、イコール『最低返済額』であるということ。つまり、「毎月最低これだけ返してくれたらいいよ〜」という最小限の金額なのです。この金額以上なら、返済額の設定は自分で自由に決められます。

ココ大事ですよ!アイフルの返済額は、勝手に自分で増やしていいんです!

月に1000円でも2000円でも上乗せして払っていくと、トータルの利息がかなりお得になるので、ぜひ覚えておいてください。

1000円プラスでどれだけお得?シミュレーションしてみた

というわけで、実際に「毎月1000円だけ約定返済額に上乗せして払ったらどのくらい変わるのか」をシミュレーションしてみました。

10万円返済時(金利18.0%)
返済額
(1回あたり)
返済回数 返済総額
4,000円
(約定返済額)
32回 126,260円
5,000円
(プラス1,000円)
24回 119,772円
結果 -8回 -6,488円
20万円返済時(金利18.0%)
返済額
(1回あたり)
返済回数 返済総額
8,000円
(約定返済額)
32回 252,450円
9,000円
(プラス1,000円)
28回 245,093円
結果 -4回 -7,357円
30万円返済時(金利18.0%)
返済額
(1回あたり)
返済回数 返済総額
11,000円
(約定返済額)
36回 388,683円
12,000円
(プラス1,000円)
32回 378,817円
結果 -4回 -9,866円
40万円返済時(金利18.0%)
返済額
(1回あたり)
返済回数 返済総額
11,000円
(約定返済額)
53回 582,494円
12,000円
(プラス1,000円)
47回 558,653円
結果 -6回 -23,841円
50万円返済時(金利18.0%)
返済額
(1回あたり)
返済回数 返済総額
13,000円
(約定返済額)
58回 751,057円
14,000円
(プラス1,000円)
52回 721,450円
結果 -6回 -29,607円

ピンチくん
えっ!!これ、全部同じ金利での比較だよね!?
金利が同じでも、千円追加で払ってくだけで、利息がこんなに変わってくるの?

キャッシー
その通り!!これが二千円、三千円と追加で返済をプラスしていければ、さらに返済はお得になるわよ〜〜!!

さあ、これを見てもまだあなたは「最低返済額だけ」で返していきますか??

返済シミュレーションはこちらからできます。

アイフルの返済方法は?

補足

アイフルで返済する方法は、アイフルの店舗アイフルのATM、提携金融機関(コンビニ含む)のATM、口座からの引き落とし、アイフル口座への振込返済があります。

この中で手数料がかからないのが、アイフル店舗・アイフルATM、口座からの引き落としの3つです。

アイフルの店舗数はかなり限られていますので、全国に設置されているアイフルATMか、自動引き落としが現実的。
繰り上げ返済を積極的に行いたいなら、返済金額を自由に増やせる「アイフルATMからの返済」が一番おすすめです。ぜひお近くのATMを調べておいてください!

まとめ

アイフルの月々の返済負担(最低返済額)は低めに設定されているので、利用しやすいことは確かです。
ただ、それに甘えて借入れを増やしていくと、キャッシング破産の原因にもなってしまいます。完済しないまま気軽に借入れを繰り返すのは、絶対に絶対にダメ。

まずは自分が月にいくら返済できるのかを計算した上で、毎月の返済にちょっとずつ上乗せして、早期完済を目指しましょう。

アイフルの返済方式は「借入れ後残高スライド元利定額リボルビング返済方式」
返済日は毎月同じ日に支払う「約定日制」と、35日ごとに支払う「サイクル制」の2種類
10万円〜50万円借りた時の約定返済額(最低返済額)は4,000円〜13,000円(最高金利で計算)
毎月の返済額は、自分で勝手に増やせる
毎月1,000円でも多く返済していくと、返済期間や支払い利息は大きく減らせる

アイフルの申し込みはこちらから

(文:いなば

関連ページ

カードローン返済を解説


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
// おまかせ広告