キャッシングの知識

銀行カードローン規制強化の影響は?キャッシングの新しい利用方法提案

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
銀行カードローン規制強化の影響は?

今回は少し、まじめなお話です。

最近の金融業界は、無担保で借りれる銀行カードローンの過剰融資が社会問題となりつつあることで、「金融庁からの規制が入る前に、銀行自体が自主規制を始めるのではないか?」という話題でもちきりでしたが、ついに三菱UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行のいわゆる三大メガバンクが自主規制の強化にのりだしました。

これを受けてカードローン審査にどんな影響がでるのか、今後のキャッシング業界がどうかわっていくのかCIELOなりの考察をまとめてみました。

※2017年9月、全銀協は銀行カードローンの即日融資廃止を中心とする新たな規制を発表しました。詳しくはこちらの記事で解説しています。

3大メガバンクのカードローン自主規制の内容比較

自主規制の内容

なぜ銀行カードローンに自主規制が必要なのか

消費者金融などの貸金業者に適用される貸金業法という法律には、総量規制と呼ばれる規制があります。これは、「個人の年収の1/3以上の融資を行ってはいけない」というもので、貸金業者は50万円を超える貸付を行う場合と他の貸金業者からの借入額が100万円を超える人に融資を行う場合は、収入証明書の提出を求めることになっています。

一方、銀行には貸金業法ではなく銀行法が適用されます。そのため、銀行カードローンは総量規制の対象外となり、収入制限をもうけることなく融資が行えます。これが過剰融資をまねき多重債務者を生み出し、はては債務整理へと発展する原因となっていると指摘されています。

そこで、銀行各社は「金融庁から規制される前に自主規制を行って、この場をしのごう」と、自分から審査や融資額を制限するから面倒な法律は作らないでという動きが加速しているというわけなんです。

日経新聞「銀行、カードローン抑制 多重債務問題に対応」
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDC28H2N_Z20C17A4EA3000/

自主規制①:収入証明書の提出条件を引き下げ

上で説明した通り、貸金業者は50万円以上の融資を行う場合、源泉徴収票や確定申告書などの収入証明書類を確認する必要があります。銀行には、その決まりが適用されないため、収入証明書の提出を必要とする上限金額がどんどん甘くなっていました。中には、最高限度額が1000万円という高額設定にもかかわらず、収入証明書の提出は一切不要という銀行カードローンまであるくらいです。

そもそも、銀行カードローンは自行利用者への融資を主としていたため、収入証明書を提出させなくてもある程度のお金の動きが把握できるという建前があり、収入証明書なしで最短で融資を行うという姿勢をとっていました。

今回の自主規制では、正確な収入を把握しカードローン審査を厳格化するという方針のもと、まずは3大メガバンクが収入証明書なしで貸せる金額を引き下げることを公表しました。

収入証明書の提出なしで借りられる金額比較
カードローン名 規制前 規制後
三菱UFJ銀行
カードローン
200万円まで 50万円まで
三井住友銀行
カードローン
300万円まで 50万円まで
みずほ銀行
カードローン
200万円まで 引き下げを検討

他にも、りそな銀行や静岡銀行を始めとする大手銀行、地方銀行、ネット銀行、信用金庫などがメガバンクに追随するとみられています。

収入証明書提出条件が厳しくなった影響は?

補足

銀行カードローンが収入証明なしで貸す金額が低くなっても、実際には消費者金融と同じ条件になっただけなんですね。

つまり、消費者金融より審査が厳しくなるということではないんです。あくまでも、同じ条件になるだけです。

数万円借りるためにカードローンを利用する人は、今まで通り収入証明書の提出は不要です。

また、50万円以上の融資を希望する場合でも、ちゃんと収入証明書を提出して十分返済できると判断されれば融資は受けられます。年収をごまかすことはできませんが、そもそも年収をごまかして借金するのは危険なことですから絶対やめましょう。

ピンチくん
50万円までなら今まで通り収入証明書なしで借りられるんだね。

キャッシー
そうよ。ただし、銀行から要求されたら50万円以下でも提出してね。

自主規制②:融資限度額の引き下げ

総量規制の対象外とされている銀行カードローンは、銀行内部の基準で貸付金額を決定することができます。そのため、銀行が利用している保証会社が行う審査に通れば高額融資を受けることが可能でした。

ところが今回の自主規制では、融資限度額の引き下げが行われる見込みです。実際にみずほ銀行では、今まで年収の1/2まで行っていた貸付を貸金業者と同じ1/3に引き下げることが決定しています。他社も同様の動きを見せることが予測できます。

融資限度額引き下げの影響は?

補足

銀行カードローンは消費者金融より高額融資が期待できることがウリの1つでしたが、これからは大金借りるなら銀行カードローンとはいかなくなるかもしれません。

とはいえ最高限度額が高く設定されている銀行カードローンですから、公務員や大手企業の正社員など身元がしっかりしている高収入の方なら、低金利で高額融資を受けることは夢ではありません。

審査の難易度が上がるのは必至?抜け道はある?

鍵は「返済能力」、返せる金額なら今まで通り借りれるので心配無用

これからのカードローン審査は、今まで以上に返済能力が重視されるようになります。公務員や大手企業に勤める正社員など、社会保険証や組合保険証をもってる人が審査に強いのは間違いありません。ちゃんと返済できると判断してもらえれば、今まで通り融資は受けられるので安心してください。

ただし、本人が収入を得ていない専業主婦への融資は厳しくなりそうです。また、パートやアルバイトで毎月安定した収入がある人は融資を受けられますが、借り入れ限度額は今まで以上に低く抑えられてしまうかもしれません。もちろん、年収や勤続年数次第ではそんなことありませんが。

信用情報のチェックも厳格化!金融ブラックには厳しい時代へ

現在のキャッシング審査でも当たり前に行われている信用情報チェック。今後はより一層厳しいチェックが行われるかもしれません。長期滞納や踏み倒し、なんて過去があれば審査に通る可能性はほぼ0です。

家賃や携帯電話(スマホ含む)の購入費用や利用料金の滞納も致命的です。関係ないと思ってる人は意外と多いので注意してください。

ウソの申告は絶対ダメ!申込書は正直に。

キャッシング審査では、まず初めに信用情報機関へのデータ照会を行って、他社の借入金額や返済状況を調査するので、この項目がウソをつけないということはよく知られています。

今回の自主規制で、年収や勤務先のチェックも厳しくなりますから、年収をごまかしたり、もうやめてしまったバイト先を記入するなんてこともやめてください

また、氏名・住所・連絡先といった大事な情報の入力ミスもNGです。意図的に隠す目的で間違えたのでは?と勘繰られないないためにも正確に入力してください。送信ボタンを押す前に全体見直し、これ基本です。

これからのキャッシング、あなたが申し込むなら銀行?それとも消費者金融?

年収300万円以上の正社員、公務員

年収300万円以上

今後、カードローン業界、とくに傘下に消費者金融をもつ三井住友銀行や三菱UFJ銀行は、消費者金融とのすみわけを明確化することが予想されます。

銀行は利益を守るために、「たくさん貸しても返せる人には金利を下げても貸したい」と考えるでしょうから、今後金利の引き下げが予想されます。審査に有利な条件をもっている正社員や公務員の方は銀行カードローンを選ぶのが賢明です。


年収300万円未満、50万円程度借りる人

年収300万円未満

年収が少ない、たくさん借りるつもりはないという人は最初から消費者金融に申し込むのが正解です。

何と言っても使い勝手、便利さでは銀行より消費者金融のが優れていますから、ちょっと借りたり、すぐ返したりといったお財布代わりの使い方なら消費者金融は最適です。

金利面では銀行カードローンの方がお得と言われていますが、無利息サービスを利用すれば実質1年目の金利は約8%OFFになります。
※無利息サービスは初めて契約する人など条件があります。詳しくは下記の記事を参照してください。



まとめ

銀行カードローンの自主規制が強化されつつあります。これからキャッシングを利用しようと考えているなら、知識と事前準備は必須です。最後になりましたが、今回の自主規制の影響についてまとめておきましょう。

収入証明書なしで借りれる金額が消費者金融並みの50万円程度に引き下がる
融資限度額が引き下がる見込み
高収入層は銀行カードローン、低収入層は消費者金融の利用がオススメ
申込書のウソは即バレ、審査落ちにつながるので正直に書くこと

(文:

関連ページ

カードローンの旬の話題


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
// おまかせ広告