キャッシングの知識

消費者金融とクレジットカード、どっちで借りる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
消費者金融とクレジットカード

最近のクレジットカードには、お金を借りて引き出せるキャッシング機能が自動付帯されているものも多くなりました。

「じゃあ、わざわざ消費者金融でキャッシングしなくても、クレジットカードがあればいいんじゃないの?」

ちょっと待ってください。比べてみると、クレカと消費者金融のカードローンって結構違うところがあるんです。お金を借りるのに、どちらをどう使い分けるのが賢いのか。きちんと理解しておかないと、後で損することになりますよ!

ピンチくん
キャッシングを考えてるんだけど、クレカと消費者金融ってどっちがいいのかな?

キャッシー
クレカにも消費者金融にも良いところと悪いところがあるのよね。この際、しっかり確認しておきましょ。

クレカのキャッシングと消費者金融、どう違う?

細かい解説は後にして、まずはクレジットカードのキャッシングと消費者金融のカードローンの根本的な違いをざっくりとまとめました。

クレカは「買い物」、消費者金融は「キャッシング」が専門

クレジットカードは、もともと現金なしの後払いで買い物ができる、「ショッピング機能」が目的で作られたサービスです。購入した商品を担保とし、一旦クレカ会社(信販会社)が立替え払いをして、後日利用者の口座から代金を引き落とし返済に充てる、という仕組みです。

一方消費者金融は、最初から「お金を貸す」ことを生業としている、その道のプロです。担保は取らず信用貸しが基本。その代わり少し高めの利息をとって個人に融資する業務ですね。

クレジットカードにもキャッシング機能があることは前述のとおりですが、キャッシングはあくまでも付帯サービスの一つ。クレカのメインはショッピング機能であると考えておけば良いでしょう。

ここをおさえておいた上で、融資枠や返済方法などの細かい部分をこのあと徹底比較していきます。

クレジットカードとカードローンは法律が違う?

補足

信販会社も消費者金融も同じ「貸金業者」にあたりますが、「商品代金を後払いするショッピング利用」と「現金を引き出すキャッシング利用」では、適用される法律が違います。

ショッピングで分割払いやリボ払いをするのは「割賦販売法」ですが、クレカや消費者金融でキャッシングをしたものは「貸金業法」ということになります。

したがって、キャッシングでよく言われる「年収の1/3まで(総量規制)」の範囲には、法律の違う「ショッピング利用」は含まれないというわけです。

クレカVS消費者金融!どっちがお得?

金利は引き分け!?

キャッシングでお金を借りたら、利息分を上乗せして返済しなくてはいけません。つまり、金利の差が最終的に支払う金額に直結するということ。ものすごく重要です!

ではクレカのキャッシングと消費者金融のキャッシング、どちらが安く借りれるでしょうか?結論から言ってしまうと、

「それほど差はありません!」

クレジットカード 金利
楽天カード 18.0%
楽天プレミアムカード 18.0%
エポスカード 18.0%
JCBカード 15.0〜18.0%
三井住友VISAクラシックカード 18.0%

三井住友VISAカード

消費者金融 金利
プロミス 4.5%~17.8%
SMBCモビット 3.0%~18.0%
アコム 3.0%~18.0%
アイフル 3.0%~18.0%

ごらんのとおり、金利面においては両者とも大きな違いはありません。
10万円以下の最高金利は20%と法律で決められていますので、どこもそれは超えないように設定していますね。以前は20%台での貸付がザラにありましたが、2010年の法改正でグレーゾーン金利が撤廃され、現在では法的金利内ギリギリ程度に落ち着いています。

この後で説明しますが、消費者金融の最低金利が低いのは、「融資できる金額が大きいから」ですね(一般的に融資金額が大きくなれば、金利は逆に下がります)。

設定されている限度額が大きければ最低金利は低くなりますし、限度額が小さければ高くなるというロジックです。「最低金利が低いからお得」と思ったら、実は限度額がうん百万円違っただけ、というケースも多いです。ですから、ここだけを見ても単純に比較はできません。

ぶっちゃけ、消費者金融の場合、初回の借り入れはほぼ100%最高金利が適用されますから、とりあえず最高金利(高い方の金利)を見ておけば間違いはないです。

限度額は消費者金融に軍配

まずはクレカと消費者金融、両者の主な会社の限度額を比較してみましょう。限度額というのは、最高で借りれるのはいくらか、ということですね。

クレカ/キャッシング限度額 消費者金融/キャッシング限度額
楽天カード 90万円 プロミス 500万円
エポスカード 50万円 SMBCモビット 800万円
JCBカード 契約者ごとに設定 アコム 800万円
三井住友VISA
(クラシック)
100万円 アイフル 800万円

圧倒的に消費者金融が大きいですね。

クレジットカードのキャッシング機能はショッピング機能のオマケみたいなものである、ということは前述したとおりですが、それを裏付けるのがこの「キャッシング枠」の金額設定です。

というのも、クレカのキャッシング(現金を引き出せる)可能額は、ショッピングの枠の中で設定されているからです。イメージとしてはこんな感じです。

キャッシング枠比較"

例えばショッピング枠で80万、キャッシング枠で40万あたえられていたとします。このケースでは最高で40万円の現金を借りることができますが、もしショッピングで40万円使ってしまっていたとしたら、残る枠は【80万−70万=10万】で、10万円しか借りれないということ。どんなカードも必ずショッピングよりキャッシング枠の方を小さく設定している事実からも、「できればショッピングを主に使って欲しい」というクレカ会社の意向が見て取れますね。

ちなみに、このショッピングとキャッシングの枠を別々と思い、「ショッピング枠とキャッシング枠、どちらも限度までギリギリ使える」と勘違いしている人が多いので注意してください。

一方、消費者金融の限度額は500万〜800万円と、銀行なみの融資枠が設定されています。ただ、単純にこの金額が誰でも借りれるかというと、そういうわけではありません。

クレカのキャッシングもそうですが(ショッピングは別)、信販会社や消費者金融などの貸金業者は「年収の1/3までしかお金を貸してはいけない」と法律で決められており、例えば年収が90万の人ならどんなに頑張っても合計で30万円までしか融資してもらえない、という現実があります。800万借りるなら年収2400万以上の年収!すごいですね。もちろん、収入のない専業主婦は借りれません。

また、年収が高くても、いきなり数百万という金額を貸してくれるわけではありません。普通は数十万〜せいぜい百万程度からスタートし、真面目に返済していくうちに優良顧客と認められれば、徐々に融資枠が増えていく、という感じです。

ただ、完全に「ショッピングの枠内」で金額が頭打ちなクレカキャッシングよりは、大きな金額を借りれる可能性が高いといえます。(借りる金額が大きい=借金も大きくなる、ということですから、借り方には十分注意しましょう!)

キャッシー
消費者金融の方がたくさん借りれそうだけど、借りすぎには注意してね

お金の引き出し方に違いはあるか?

借り方の比較

さて、実際にお金を借りるとなったとき、「どこでお金を引き出せるか」に違いはあるのでしょうか。

ある程度大手の金融機関であれば、どちらもコンビニや大手銀行のATMでお金が引き出せますので、この点もあまり差はないです。

ただし、手数料や引き出し可能時間については会社によって変わってきますので、事前にきちんと確認することをおすすめします。

また、消費者金融のキャッシングの場合、「振込キャッシング」という融資方法があります。これは指定の口座に直接お金を振り込んでもらう方法で、消費者金融の提携ATMが近くにない時など、自分の銀行口座からキャッシュカードでお金を引き出すことができるので便利です。このサービスはクレジットカードにはありません。

返済方法と返済方式は? 

借りたら返す!のは当然ですが、人にはいろいろな事情があるもの。できればその時の経済事情にあった返済を選べるといいですよね。

●返済方式

クレジットカードのキャッシング 翌月一括払いもしくはリボ払い
消費者金融 基本はリボ払い
(一括や繰上げ返済も可能)

ちなみに「リボ払い」というのは、返済回数を決めずに、借入残高によって返済額を算出し、一定額を払っていくという返済方式のことです。(残高スライド式元利定額リボルビングとか、元利定率リボルビングとか、いろいろ細かい算出方法がありますが、ここでは割愛しておきます)

クレカは翌月に一括払いか、リボ払いどちらかという返済方法をとっている金融機関が多いです。ショッピングでは回数払いという方法もありますが、キャッシングにおいてはほとんどがこの二つです。

消費者金融はリボ払いが基本ですが、お金に余裕があれば一括で返済することも可能ですし、少しだけ繰り上げ返済に回したり、厳しい月は最低返済額だけ払っておくなどの融通がきくのが長所です。また、繰上げ返済などはいちいち連絡しなくても、思いついたときに自分の判断で行える、という点もポイント高し!

●返済方法

クレジットカードのキャッシング ・指定日に口座から引き落とし
・一部カードによっては、ATMからの返済も可能
消費者金融 ・口座から引き落とし
・ATMから返済
・会社によっては会員ページからのネット返済も可能
・銀行振込による返済

クレカ会社は、ほとんどが翌月に口座から引き落とす方法です。ショッピングと同じですね。エポスカードなど、一部のカードではATMからの支払いも可能です。

それに対し消費者金融は、返済方法もさまざま。口座振替はもちろん、ATMからの返済、銀行振込、提携銀行のオンラインバンキングを開設していれば、ネットで返済手続きもできます(会社による)。また、返済日が選べる会社も多く、自分の給料日などに合わせて設定できるのもメリットの一つ。返済日をうっかり忘れてしまわないようにメールで知らせてくれたり、返済額の相談にのってくれたりと、とにかく至れり尽くせりの印象です。

「返済のしやすさ」という点においては、消費者金融がやはり強いです。

審査はどちらが厳しいか

まず、すでにキャッシング機能付きのクレジットカードを持っている人は、お金を引き出すのに審査はありません。そのまま近くのATMで借入ができます。

そうではなく、キャッシングを含めた目的でこれからクレカを作るという場合、クレジットカードと消費者金融ではどちらの審査が厳しいか。

答えは「クレジットカードの方がやや厳しい」です。

申込者のいろいろな条件によりますので、一概に言えないという部分はあるのですが、一般的にはこう言われています。

というのも、そもそもターゲットにしている客層が、クレカと消費者金融では違うんですね。クレカはあくまでも「キャッシュレスのショッピングが主要サービス」なので、「お金を借りる」ということを目的としている人達を想定していません。つまり、カードを利用しても翌月に一括か、せいぜい何回かの分割払いで返済ができる人を対象としているわけです。最近では比較的簡単に作れるようにはなりましたが、以前はアルバイトの人はクレカは作れない、と言われていたほどです。今でもカードのステータスによっては不安定収入の人は対象外としているものもありますし、申し込みの時点で他社に借入があると、即NGというケースもあります。

一方消費者金融は、最初から個人に「お金を貸す」ことを目的としています。つまり、「お金がない人」がターゲットなわけです。アルバイトやパートなどの低収入の人達を排除していたら、借りる人がいなくなってしまいますよね(笑)。

以上のことから、審査においてはクレカの方が厳しくなりやすい、とう結論になります。

審査は消費者金融なみ!?アコムのクレカ

補足

「ショッピングができて、お金も引き出せる、審査も簡単なクレカってないの?」「クレカの審査に落ちてしまった…もう作れないのかな」

という人におすすめなのが、消費者金融アコムが出している、「アコムACマスターカード」です。大手消費者金融で現在クレジットカードを作っているのはアコムだけ。カードローン機能をつけたクレジットカードですから、もちろんショッピング利用も、キャッシングもできます(ショッピングのみのカードもあります)。

審査レベルも通常の消費者金融キャッシングと変わらず、他社のクレカで断られたけどアコムなら作れた、という人も多いです。

また、カードローンと同じように、審査からカード発行までのスピードが速いのもポイント。自動契約機で受け取りを選択すれば、最短即日でカードを手にすることも可能です。

審査に不安があり、カード会社のクレカの申込みを躊躇している、というような人におすすめしたい一枚です。以下のページでアコムの審査・条件を勉強してから臨んでくださいね。

アコムの審査を詳しく解説

その他「こんな時はどちらが有利?」

今すぐ借りたい!

今すぐ借りたい

とにかくすぐ!今借りたい!という時に選ぶべきなのはどちらか。

もしあなたが既にキャッシング機能つきのクレカを持っているなら、間違いなくそのカードを使ってキャッシングするのが速いです。新たな申込みや審査も不要です。

クレカもなく、カードローンも契約していない、これから申し込むという場合には、消費者金融が圧勝です。

カード発行までの一般的な所要時間
クレジットカード 2〜4週間
消費者金融 最短即日

クレジットカードは、申込書を用意して、審査をして、引き落としの銀行の手続きをして…と様々な処理があり、どうしても入会までに時間がかかってしまいます。

一方消費者金融は年々融資スピードが上がっており、ほとんどの会社で「即日融資」を行っています。ローンカードの発行を待てない場合には、振込融資にも対応しています。会社によっては、手続きから数分でお金を振り込んでくれるところも。

学生だけど、お金を借りたい!

学生が借りたい

学生でも遊んだり、ちょっと仕送りが足りなくなった時など、キャッシングしたいこともありますよね。

消費者金融は、「20歳以上の自身に定収入がある人」が対象ですから、ハタチ以上かつアルバイトなどで毎月お給料をもらっていれば学生でもOK。借りることができます。ただし、20歳以下の人は学生でなくても借りれませんし、アルバイトをしていない、親からの仕送りだけで生活している…というような人も借りれません。

クレジットカードは、親の承認があれば18〜20歳でも作ることはできますが、利用額は5〜2・30程度と低く設定されている上に、学生のクレカにはほとんどの場合「キャッシング枠」がついていません。あってもせいぜい5万円程度。

これはどちらも、「貸金業法」という法律のなかで「未成年者にお金を貸す場合は保護者の許可がいる」「本人の年収の1/3までしか貸付できない」と決められているため。未成年者に融資するのには煩雑な手続きが必要ですし、年収がなければ融資枠もつけられません。

ということで結論は、「20歳以上で毎月給料をもらっている学生なら、消費者金融の方が借りやすい」「ショッピング重視なら、キャッシング枠のつけられる学生用クレジットカードが便利」ですね。

ただし、やはり学生の身分で「お金を借りる」というのは、危険も大きいです。キャッシングはつまりのところ、「借金」。最近は学生の債務整理者も増えてきました。非常時には仕方ないかもしれませんが、できるだけ身の丈にあった生活を送るようにしましょう。

三井住友VISAデビュープラスカード

海外で現金を引き出せるのは?

海外旅行などに行く時は、できるだけ現金を持ち歩くのは避けたいもの。最小限のお金だけ両替して、あとはクレカで済ませる…という人も多いでしょう。

ただ、クレカが使えないお店があったり、無意識に小さな買い物を現金で済ませたりしているうちに、手持ちの現金が足りなくなった!ということもよくありますよね。

そんな時に海外ですぐお金を引き出せるのは、クレジットカードです。VISAやMasterなど、提携しているATMがあれば、海外からでも現金のキャッシングが可能です。

この機能はクレジットカードだけです。また、海外旅行保険が付帯されているクレカも多いですから、海外に行く予定がある、という人はショッピング利用も含めて一枚は持っておくことをお薦めします。

三井住友VISAカード

まとめ

さて、ここまで色々説明してきましたが、結局お金を借りるなら消費者金融とクレカ、どちらがお得なのか。ズバっとまとめました。

「現金を借りる」ことに特化するなら、限度額、借り入れ方法、返済方法、審査や契約のスピードから、消費者金融がお得
既にクレカを持っていて「ちょっと借りて、すぐ返す」だけなら、手持ちのクレジットカードでしのぐのもアリ。
クレカ審査に不安があり、でもキャッシングもショッピングも諦められない!という人にはアコムのACマスターカードもおすすめ。

クレジットカードは、ショッピング利用の他にETCカードがつけられたり、マイルやポイントがたまったり、海外旅行保険が付帯されたり…と特典が多く便利なのは確かです。どちらか一方ということではなく、ショッピングに利用するならクレカ、お金を借りるならカードローンで、というのが一番賢い使い方ということですね。

ピンチくん
ふむふむ。キャッシングは消費者金融。ショッピングにはクレカって使い分けるのが正解だね

キャッシー
欲張りさんはクレカ機能つきのアコムACマスターカードって手もあるわよ

(文:いなば

関連ページ

当サイトの申込みTOP3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
// おまかせ広告