キャッシングの知識

カードローンって、勤続年数が1年未満でも借りれるの?嘘をついたらバレる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
カードローンって、勤続年数が1年未満でも借りれるの?嘘をついたらバレる?

カードローン審査において、「どのぐらいの期間、今の職場で働き続けているのか」という勤続年数(勤務年数)かなり重要な査定ポイントになってきます。

特に、銀行のカードローンはその傾向が強いです!

もし「まだ働きはじめて間もないけど、お金を借りたい…」と考えている人は、カードローン(キャッシングローン)の選び方ですべてが決まります

この記事では、カードローンの勤続年数にまつわる裏話から、勤続年数1年未満の人でも審査に通過できるカードローンまで紹介していきます。

勤続年数がローン審査で重要なワケ

カードローンの審査は、申し込んだ人の年収や勤務状況、家族構成などの属性に点数をつけていく「スコアリング」という方法でおこなわれます。

「勤め先がどこか」ももちろん大事な要素ですが、それと同じ、いや、場合によってはそれ以上に重要視されるのが「勤続年数」なんです。

ピンチくん
なんで勤続年数がそんなに大事なの?給料が高ければ短くてもいいんじゃないの?

キャッシー
それは、「返済を続けていく能力」に直結するから。

カードローンの場合、返済の途中でも、融資枠が残っていれば何回でも借入ができますし、それがウリのひとつです。つまり、最終的な返済期間が長~くなりやすいということ。とうぜん、ローン会社も「完済まで返済していけるだけの収入が見込めること」を重要視して審査していきます。

キャッシー
キャッシング会社にとって、細~く、長~く利用・返済をくりかえしてくれる人がありがたいお客さんってことね。

新しい仕事をはじめて間もない人は、まだ社会的な信用がありません。いくら当初の給料が高くても、仕事を辞めてしまえば収入がなくなる=返済できなくなるわけですから、おいそれとお金を貸すわけにはいきません。

一方で、何年も同じところで働いている人は、そう簡単には辞めません。

…いえ、実際には辞める人もいますが(笑)、一般的には長く勤め続ける人が多いと言われています。収入が(高くなくても)安定しているため、

返済が滞るリスクも低い=信用度が高い=審査に有利

というわけですね。

これは某カードローンのスコアリングの点数付与例ですが、年数が長ければ長いほど獲得点数が高くなっているのがわかると思います。

勤続年数 点数
10年以上 5
5年~10年 4
1年~5年 3
半年~1年 2
半年未満 1

新卒者は3年以内に辞める人が多い!?

補足

厚生労働省では、毎年新規卒業者の離職率を公表しています。

これによると、平成26年に新卒で就職(就業)した若者のうち、3年以内に離職した人の割合はなんと32.2%にのぼります。

内訳は以下の通り。

1年目…12.3%
2年目…10.6%
3年目…9.4%

このデータからも、新入社員ほど辞めやすく、勤務年数を重ねるほど離職率が下がっていくのがわかりますよね。

離職率の高い順に並べると、中学卒>高校卒>短大等卒>大学卒になります。

勤続年数が1年未満の人は、銀行カードローンは避けるべし

とりあえず、「魔の1年目」を無事乗り越えて、勤務年数が1年を超えたあなたは、銀行カードローンに申し込んでも大丈夫。勤続年数が問題になって審査に落とされる可能性は低いです。

ピンチくん
…僕、まだ転職して1年未満なんだけど…

ハッキリ言います。

勤続年数が1年未満の人は、銀行系カードローン(とくにメガバンク)はなるべく避けた方がいいです。

銀行カードローンは、消費者金融より金利が低く、また、融資限度額は大きく設定されています。

金利が低いということは、それだけ利息による儲けが少ないということ。借入額が大きくなりやすいこともあり、返済できなくなった時のリスクも高くなりますから、「返済をずっと続けていけそうか」という点についてはかなりシビアにチェックされます。

もともと、銀行カードローンの審査や保証は提携している貸金業者(消費者金融や信販会社)が請け負っていたため、審査基準は《消費者金融並み》ともいわれてきました。

しかし、昨今の銀行カードローンの過剰融資問題によって、銀行カードローンの審査はどんどん厳格になってきています(というか、厳しくならざるを得なくなっているといったほうがいいかも)。勤続年数についても、もちろんしかりです。

どうしても銀行カードローンで借りたい!という人は、できればもう少しがんばって、1年以上の勤務実績をつけてから申し込んでください。


1年未満の人が確実に借りれるキャッシングはどこ?

半年以上あれば、消費者金融系が狙い目

ピンチくん
じゃあ、僕みたいに転職したてって人は、1年待たないとどこからも借りれないってこと?

キャッシー
そんなことはないわ。1年未満の人でも、消費者金融があります!

消費者金融は、銀行より金利が高いかわりに、多少条件の悪い人にも積極的に融資してくれるのがメリット。

適用する金利や貸付金額でリスクを調整しますから、勤続年数が1年未満でも審査に通る可能性はじゅうぶんにあります。

ピンチくん
じゃあ、僕でも大丈夫だね!

ただし!!

消費者金融でも、勤続期間が6ヶ月に満たない人は審査落ちしやすい

という現実があることを知っておきましょう。

とくに大手消費者金融では、この傾向が顕著です。逆に、最悪でも半年以上(同じ職場で)働いていれば、消費者金融での融資成功確率はアップします。

半年未満ならアイフル一択

大手消費者金融の中でも、勤続期間におおらかな会社があります。

それはすばり、アイフルです。

Q:
誰でも申し込みは可能ですか?

A:
満20歳以上69歳までの定期的な収入と返済能力を有する「給与所得者、自営業者、パート・アルバイト、派遣・出向・嘱託社員、主婦(専業主婦除く)、学生」の方で、当社基準を満たす方
<ご注意点>
・専業主婦、年金受給のみ、無職の場合は、お仕事(パート、アルバイト可)が決まりましたら申込いただけます。
・お取引期間中に満70歳になられた時点で新たなご融資は停止となります。

引用元:アイフル公式サイト

ここでのポイントは、「お仕事が決まりましたら申込いただけます」と書いてあること。「お仕事を始められてしばらく経過してから…」とかじゃないんです。

つまり、働き始めて間もない人でも、最悪最初の給料をもらう前でも、「ちゃんと仕事している」ことさえわかれば、融資してもらえる可能性があるってことです。

ちなみに、アイフルに「仕事が決まっただけでも融資してもらえますか?」と聞いたところ、さすがに一回も出勤していない状況では難しいという返答でした。でも、1日でも勤務した実績があれば審査をしてくれるとのこと。

ピンチくん
親切すぎる・・・

勤続期間が極端に短い場合、最初に設定される借入限度額は10万円以下になると考えてください。それでも、最初のお給料までをなんとかしのぎたいという人にとっては助かりますよね。また、勤続と返済の実績をつんでいくことによって、いずれは増枠(増額)してもらえるかもしれません。

勤続期間が半年未満という人は、まずアイフルに申込みましょう。

人気のカードローンアイフル
アイフル 実質年率 3.0%〜18.0%
限度額 最高800万円

解説ページ    公式サイト


人気のカードローンアイフルSuLaLi
アイフルSuLaLi 実質年率 18.0%
限度額 最高10万円

解説ページ    公式サイト





転職を考えている人は、先にカードローンの申し込みをしておくべし

補足

「もうすぐ転職するけど、辞めてお金がなくなったらカードローンに申し込めばいいや」と思っている人は【危険!】です。

無職中にお金が借りれないのはもちろん、転職直後はカードローン審査にはきわめて不利。申し込んでも借りれないばかりか、審査落ち履歴が残ってしまうだけになりかねません。

今後お金が必要になる可能性があるなら、会社を辞める前にカードローンに申し込んでおくのがベターです。

もし必要なければ、お金を借りずに解約することも可能なので、お守り的に契約しておく手もアリですよ。

自営業者・個人事業主は最低でも2年~3年は欲しい

会社と雇用関係を結んでいる給与所得者ではなく、自分で事業を営んでいる自営業者・フリーランスなどの個人事業主の人は、かなり審査が厳しくなります

なぜなら、収入が不安定だから。

また、事業用の資金と私的な資金の区別が難しいことや、【自営業者がお金が必要=経営状況が悪いのではないか?】と疑われやすいという理由もあります。

とくに、まだ仕事をはじめて間もないという自営業者はかなりの悪条件と思ってください。

通常の会社員が勤続半年~1年以上で審査通過ラインをクリアするのに対し、自営業者や個人事業主は最低でも2年~3年の事業歴は必要になってきます。

自営業者・個人事業主の借り入れについては、こちらの記事も参考にしてください。


勤続年数、嘘をついたらばれる?

ピンチくん
でもさ、どのくらい働いてるかって、審査でわかるものなの?嘘をついてもわからない気がするけど…

キャッシー
その通り、ばれない可能性もあります。でも、意外なところでばれちゃうこともあるから、注意が必要よ。

たしかに、身分証明書に書いてあるわけでもなし、勤続年数なんて多少盛ってもばれなさそうですよね。実際に「本当は半年のところを1年って申告したけど、普通に審査に通った!」という人もいます。

とはいえ、相手も融資のプロ。与えられた情報で、ある程度の判断はしています。

健康保険証でばれる

会社員やフルタイムのパート・アルバイトの場合、勤め先で社会保険に加入している人が多いと思います。

カードローンの申し込みには、本人確認書類として健康保険証の提出が求められることがあります。

会社加入の健康保険の場合、保険証には会社名とともに「資格取得年月日」が書かれています。この「資格取得年月日」は、(違う例もありますが)だいたい入社日と同じになっているはずです。

申告の勤続年数が「3年」なのに、保険証の日付が「半年未満」とかだったら、やっぱり怪しまれる原因になってしまいますね。

キャッシー
例えば、SMBCモビットのWEB完結申し込みでは、会社名の入った健康保険証の提出が必須になっています!

源泉徴収票でばれる

収入証明書類

・源泉徴収票
・直近2か月分の給与明細書
・確定申告書、納税証明書
など

この中で注意したいのが源泉徴収票です。

源泉徴収書には入社日と退社日の項目があり、その年に入社・退社をしている場合は、それぞれ日付が記載されます。

勤続年数 健康保険証

なので、「本当は『勤続2か月』のところ、ウソをついて『勤続1年』と申告して申し込んだのに、源泉徴収票の入社日が2ヵ月前…」とかだと、ちょっとまずいことになるわけです。

収入証明書類として源泉徴収票を提出する人は気を付けてください。

個人信用情報機関でばれる

カードローンの申し込みがあると、ローン会社はまず個人情報機関を通じて信用情報のデータを取り寄せ、チェックします。

個人信用情報には”お金に関する取引情報”が載っているわけですが、この項目の中に「勤務先名」「勤務先の電話番号」も含まれています。

▼CICに登録されている信用情報

ここが、もしカードローンの申込書に書かれた勤務先と違う場合は、「あれ?もしかして転職して間もない?嘘ついてる?」と疑われるきっかけになってしまいます。

キャッシー
もちろん、現在の勤務状況は在籍確認などでしっかりチェックするから、ここは嘘をついてもバレます!

たとえば、クレジットカード作成時はA社で働いていた→その後B社に転職し、カードの情報は更新しないままB社勤務としてカードローンに申し込み…といったケースでは、審査の段階で《どこかで転職している》ことがはっきりわかるわけです。

カードローンの審査担当者が「これはおかしいぞ」と思ったら、追加で資料などの提出を求められる可能性もあります。

給料の金額でばれる

カードローン会社は、過去の融資実績から、個人融資に関する膨大なデータを蓄積・分析し、審査に活用しています。

この分析力をなめてはいけません。

勤めている会社名や職業、勤続期間などから、だいたいの給与額などもはじき出せます。たとえば、申告の勤続年数が10年なのに、収入証明書に記載された給料が相場より大幅に低い…といった場合も警戒の対象になります。

多少盛るぐらいなら『入力ミス』で済まされるかもしれないですが、1年を10年なんてウソをついたらかなりの確率でバレますよ。

後で問題になるより、正直に申告しよう

クレジットカードもそうですが、カードローンにも「途上与信」というものがあります。

これは契約期間中、定期的に顧客の信用情報(他社の借入状況や返済状況)のチェックするというもの。つまり、契約後もこっそり審査を繰り返しているというわけです。

キャッシー
金融機関は、途上与信の結果をふまえて、増額などの判断をしています。

もし申し込み時にウソをついて審査に通っても、その後の途上与信でバレる可能性は大いにあると考えてください。

虚偽申告がバレると最悪の場合、融資の停止や、残高の一括返済を求められる可能性があります。

のちのトラブルを防ぐためにも、できるだけ正直に申告することをおすすめします(まあ、普通はウソをついて申し込むことはないと思いますが…)。

住宅ローンは勤続何年で組める?

補足

「国土交通省の住宅ローンの審査に関するアンケート結果(平成28年)によると、住宅ローンの審査項目において必要とされる勤続年数は、

3年以上…24%
2年以上…4.6%
1年以上…49%
その他…1.5%

となっています。つまり、約半数の金融期間は勤続1年以上あればOKとしており、3年以上あれば8割近くが審査に通っている計算になります。

関連ページ

勤続年数はカードローン審査において重要な査定材料となりますが、1年未満だからといって諦める必要はまったくありません。

「少しだけ借りる」ことでしのげるのであれば、アイフルなどのように、比較的勤務期間に寛容なキャッシングローン(消費者金融)を選びましょう。そして返済実績と勤続実績を積んだあとで、金利の低い銀行カードローンへ借り換えるのもアリですよ。

キャッシングの審査では、「勤続年数」が長いほど有利
勤続年数が1年未満の場合、銀行カードローンは難しい
半年以上あれば、消費者金融が狙い目!
働き始めたばかりの人は、アイフルがおすすめ

(文:いなば

まとめ




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
// おまかせ広告