SMBCモビット徹底調査

消費者金融SMBCモビットの実力は?調べてわかった8つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
消費者金融モビットの実力
キャッシー
SMBCモビットで借りるならこんな人!

電話連絡、郵送物を「完全にゼロ」にしたい!
ローンカードはいらない!自分の口座からお金を引き出したい。
三井住友銀行に口座を持っている。
信用できる大手の消費者金融で借りたい。
人気のカードローンSMBCモビット
SMBCモビット 実質年率 3.0%〜18.0%
限度額 最高800万円

解説ページ    公式サイト

SMBCモビットは、三菱UFJ銀行傘下から変遷を経て現在は三井住友銀行と同じSMBCグループに属している、大手の消費者金融会社です。

SMBCモビットの最大の武器は、勤務先への電話連絡を省略できる『WEB完結申込み』(PCまたはスマホからの申し込み限定)。この「電話連絡ナシ」を公言しているのは、大手消費者金融の中でもSMBCモビットのPC・スマホからのWEB完結申し込みだけ!(携帯電話からは申し込めません)

また、2017年10月2日より、全国のSMBCモビット自動契約機の他、三井住友銀行の自動契約機が利用できるようになりました!これで一段と便利さがパワーアップです。

「金利は?」「申し込み方法は?」「審査は?」「返済額は?」「メリットとデメリットは?」など、借りる前に知りたい情報がたくさんありますよね。そこで、他社と比較したSMBCモビットのホントのところを徹底検証しました!

SMBCモビットのスペック
金利(実質年率) 3.0%〜18.0%
融資限度額 1〜最大800万円
融資条件 ・満20歳〜69歳で、本人に安定した収入のある人
アルバイト、パート、自営業者でも安定収入があれば申し込みOK
(Web完結(PC・スマホから限定)は勤め先で社会保険に加入していることが条件)
審査時間 10秒簡易審査(審査や混雑の状況による)
融資時間 最短即日(審査や混雑の状況による)
保証人・担保 不要

ピンチくん
今月飲み会が続いて給料日までもたないよ。キャッシングに頼るかなぁ。CMでよく見るSMBCモビットってどうなの?

キャッシー
SMBCモビットなら「SMBCグループ」の会社だから安心よ。詳しくレクチャーしてあげるわ。

SMBCモビットで借りるメリット

電話連絡ナシ!郵送物もナシ!「PC・スマホからWEB完結申込み」

SMBCモビットのメリット

SMBCモビットでは一般のカードローンももちろん扱っていますが、やはりこの《電話なし、郵送物なしの【WEB完結申込み】》SMBCモビットの最大の特徴でしょう。要するに、申込みから融資まで、全てオンラインで済ませられる申込み方法ということです。(申し込みはパソコンかスマホからのみとなっています。携帯(ガラケー)からは申し込めませんのでご注意を!!)

「オンラインで手続き」だけなら他の金融機関でも行っていますが、SMBCモビットのスゴイところは《カードローンでは必須》と言われている「電話での連絡」の省略ができる、という点。つまり、勤め先、さらに本人への電話連絡すらないんです!「いつ電話かかってくるんだろう…」「同僚にバレないかな…」と職場の電話が鳴るたびにそわそわする必要もなくなります。個人的に、これはかなり大きなポイントですね。

  • お勤め先確認などのお電話はいたしません。審査結果のお知らせなど、SMBCモビットからのご連絡はメールのみです。
  • 入会申込書などの契約書類は、ネットで交付するので、郵送物がありません。SMBCモビットカード(ローンカード)の発行もありません。

この「電話連絡無し」を公言しているのは、大手消費者金融の中でもSMBCモビットの「WEB完結申込み」だけです。

また、融資を銀行口座への振込に限定(三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかに限る)することで、ローンカードの発行=郵便物の受け取り、という過程も省略できるようになりました。本人受取指定とはいえ、消費者金融から封書が届いたら家族バレの危険性もありますよね(経験済み…)。郵送物がなければ、その心配もいりません。

ただし、WEB完結申込みは、職場への電話連絡がない分、申込みのハードルがちょっぴり高くなっています。この点についてはWEB完結申込みは条件が厳しめで説明しています。

恐れすぎるべからず!在籍確認

補足

在籍確認は、申込者が申告してきた勤務先に本当に勤めているか調べるために行われるものですが、SMBCモビットのWEB完結以外、書類+勤務先への電話連絡が基本です。消費者金融から職場に電話がかかってくるなんて、特に初めての人にとっては恐怖でしかないことでしょう。

ただし、消費者金融側もそのあたりの心情は痛いほど理解しています。できうる範囲で支障がないように配慮して電話してくれます。

例えば、消費者金融が自社の名前を出すことは絶対にありませんし、「キャッシングの審査ですが…」とか「本当に勤めてますか?」なんて不用意なことを漏らすこともありません。ただ、「○○ですが、△△さんいらっしゃいますか?」と聞くだけです。本人が出れなくても、在籍していることがわかればそれで審査は終了。それほど怖がる必要はないんですよ。

たった10秒で簡易審査結果表示

SMBCモビットでは、本審査の前の「10秒簡易審査」で大体の審査結果と融資可能枠を教えてくれます。公式HPのトップページに申込み画面がありますので、そこから必要事項を入力していくと、10秒で簡易審査結果表示が行われます。

10秒簡易審査とはいえ信憑性は高く、ここで融資OKと出たら、本審査もパスできる確率はかなり高いです。というのも、この10秒簡易審査はよくある「借り入れ(お試し)診断」とは全く違うもので、申し込みの過程で行われるものだからです。

SMBCモビットの10秒簡易審査に必要な情報

  • 名前、生年月日、性別、連絡用メールアドレス、携帯番号
  • 住所、住居形態、自宅電話の番号(あれば)
  • 勤務先、勤務先の電話番号、雇用形態、勤務先の形態
  • 入社年月日、保険証種類、前の年の年収
  • 他社での借入れ件数、借入れ総額、融資希望金額

上の表を見ていただければわかると思いますが、名前から住所から勤務状況から…かなり項目が多いですね。このデータを元に、コンピュータが自動的に「個人信用情報(金融情報)のチェック」から「スコアリング審査」までを瞬時に行うのです。書類を提出して最終的に人の判断で行われる本審査の一歩手前、と考えておけば良いでしょう。

ここで融資可能と出たら、実際にお金を借りれるまであと一歩。そのままネット経由での書類提出、本審査と進んでいきます。

10秒簡易審査と借り入れ診断は違う!

補足

SMBCモビットの「10秒簡易審査」は、匿名でできる「借り入れ診断サービス」とは違い、データがSMBCモビットに送信された時点で「申込み履歴」として残ってしまいます。

合格ならまだしも、もしNGが出てしまえば他のキャッシングの審査にも関わってきます。お試しにちょっと受けてみよう…といった気軽な気持ちで利用するのは危険なので、「本気でSMBCモビットで借りようと思っている人」以外は利用しないでください。

SMBCモビットには通常の「借り入れ診断」もありますから、まずはそちらで弾みをつけることをおすすめします。

時間がない!急ぎの申込みにも対応

SMBCモビットは、審査もスムーズ。申し込んだその日にお金を振り込んでもらうこともできます(利用する金融機関や、審査状況、混み具合にもよっては翌日以降になることもあります)。しかも、振り込み手続きから最短で3分で入金。これは速い!

とはいえ、人生に緊急事態はつきものです。「確実にいますぐに借りたい!」という時もありますよね。そんな時はSMBCモビットのコールセンターに電話すれば超特急で対応してくれます。

手順は以下の通りです。

①ホームページからオンラインで申し込みを行う
SMBCモビット申込み
下矢印
②申込み完了画面にフリーコールの案内が出るので、そのまま電話をかける
SMBCモビットに電話

SMBCモビットのフリーコール:0120-03-5000
(受付時間:09:00~21:00)


下矢印
③その場ですぐに審査開始

下矢印

④電話にて審査結果の連絡、同時にSMBCモビットの会員登録まで完了
審査結果通知
下矢印
⑤融資

  • 振込融資なら、原則その場でスタッフが振込手続き(金融機関や時間帯によっては即時振込みは不可)
  • SMBCモビットカード(ローンカード)での借り入れなら、最寄りの自動契約機でカード受け取り
  • スマホを持っていれば、スマホアプリでセブン銀行ATMから24時間引き出しも可能(スマホATM取引)

SMBCモビットの会員登録まで電話で済ませてくれるのは嬉しいですね。普通に申し込んでいたら振込の時間に間に合わないかも…というような時にも、電話で相談すれば可能な範囲で優先してくれます。

NEW三井住友銀行のローン契約機が使えるようになりました!

補足

2017年10月2日より、SMBCモビットカードの申し込みや受け取りが、全国の三井住友銀行のローン契約機で行えるようになりました!

もともとSMBCモビットの自動契約機の数はあまり多くなく、不便という声もありました。しかし、今回三井住友銀行の契約機が利用できるようになったことで、一気に利便性は向上。銀行のローン契約機の方が利用に抵抗がないという人も多いので、かなり大きなアドバンテージです。

利用時間も、土日祝日含めて毎日9時から21時まで開いています(※営業時間は店舗によって異なります)から、急いでカードを受け取ってお金を借りたい、なんて時にもあわてる必要はありません。申し込みだけネットでしておいて、あとで三井住友銀行の契約機でカードを受け取りにしておけば、ボックスの中で待つ必要もないのでとってもスムーズです。

提携ATMが多い

SMBCモビットは自社ATMを持っていませんが、提携しているATMの数は約13万台(※2017年12月現在)と業界トップクラス。グループ企業である三井住友銀行を始め、その他大手銀行からコンビニまで網羅していますから、まず利用に不便を感じることはありません。

ちょっと代表的な提携金融機関を見てみましょう。

  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • プロミス
  • E–net(ファミリーマート、ミニストップなど)

その他銀行、コンビニ…

いかがですか?
ATMでキャッシングを選ぶ人は少ないと思いますが、突発的に「今ちょっと借りたい」という時に、すぐ引き出せる環境があるかどうかはかなり重要です。ぜひココはチェックしておいてください。

会員サービス「Myモビ」の返済シミュレーションが秀逸

SMBCモビットと契約すると、会員専用のオンラインサービス「My モビ」に登録でき、振込キャッシングの手続きや利用状況の照会などが行えます。こういったサービスは他社にもありますが、私がSMBCモビットで借りたら絶対利用してほしいと思うのが、「My モビ」の中にある返済シミュレーションです。

現在の借入状況からの返済スケジュールだけではなく、返済途中で新たに借り入れを行った場合、また繰上返済や一括返済を行った場合のシミュレーションまでできます。完済までに支払う利息の総額も一目瞭然。

個人的には「借りること」そのものより、「借りた後(=返済)」の方が大事だと思っているので、SMBCモビットのように「返済する気を促してくれる」会社を推したいですね。

SMBCモビットで借りるデメリット

デメリット

メリットがあれば、当然デメリットだってあります。このサイトでは一方的にオススメだけすることはありません!

それでは、SMBCモビットのここを見ないで借りると損をするデメリットを解説していきましょう。

無利息期間がない

無利息期間というのは、借り入れから一定の間は利息をかけず、元本のみの返済でOKにしてくれるサービスのことです。ほとんどのキャッシングでは「初めての借り入れに限る」としています。カードローンは融資枠内なら何度でも引き出しが可能ですから、初回だけ無利息にしても、その後継続的に利用してもらうことで元は取れるというわけです。

銀行カードローンではなかなか見られないサービスですが、大手消費者金融で取り入れている企業は多いです。初めての借り入れで期間内に返済してしまえば利息はゼロですから、これを逃す手はないですね!

…と言いたいところですが、実はSMBCモビットでは無利息サービスを行っていません。初回でもなんでも、借りたらその分適用金利がきっちりかかってくるということですね。「次の給料日までちょっと借りて、すぐ返したい!」という無利息狙いの方は注意しましょう。

提携ATMの利用手数料がかかる

SMBCモビットの提携ATMは全国で13万台ある(※2017年12月現在)と書きましたが、SMBCモビットには自社ATMがなく、ローンカードを使う場合、必ず提携している金融機関のATMを利用することになります。そこで気になるのが利用手数料ですね。

残念ながら、SMBCモビットは三井住友銀行以外のATMを利用すると手数料がかかってしまいます。

※銀行振込(当社指定返済口座へ振込)で返済される際の振込手数料は、お客様のご負担となります。

※提携ATM利用時の手数料は、一部お客様のご負担となります。

取引金額 1万円以下 入金/出金 108円
取引金額 1万円超  入金/出金 216円

引用元|SMBCモビット公式ページ

★ローンカードを使って三井住友以外の提携ATMで入出金を行う場合には108〜216円の手数料がかかる
★SMBCモビットの口座へ振込で返済を行う場合には、利用する銀行所定の振込手数料がかかる

これは頭に入れておきましょう。「そんなのいやだ!なんとか無料にならないの!?」という人のために、SMBCモビットで手数料を無料にする方法を調べてみました。

融資はMyモビから指定口座への振込にする
返済は三井住友銀行のATMから行う
返済は三井住友銀行か、三菱UFJ銀行もしくはゆうちょ銀行の口座から自動引き落としで行う

振込融資なら、手数料はSMBCモビットの負担になります。返済に関しては他行への振込手数料が無料の銀行なら良いですが、そうでない場合は三井住友銀行のATMを使うか、三井住友銀行か三菱UFJ銀行、もしくはゆうちょ銀行口座からの自動振替にするしかありません。

特にグループ会社である三井住友銀行は超優遇されていますから、どうしてもSMBCモビットで借りたいという人は口座を作っておくのも良いかもしれません。

働いていない専業主婦は借りれない

専業主婦

SMBCモビットの融資条件は以下の通りになっています。

満20才以上、69才以下で、安定した定期収入のある人。
パートやアルバイト、派遣社員などの非正規雇用、自営業者も借入れ可能。

要は、安定した収入があれば、正社員じゃなくても大丈夫ということですね。ただし、本人に収入のない専業主婦や年金以外の収入がない高齢者は借りることができません。

これは消費者金融などの貸金業者に課せられている貸金業法という法律に基づいていて、「年収の1/3以上の融資はしてはいけない」という決まりによるものです(これを総量規制と言います)。つまり、本人に収入がなければ年収はゼロですから、貸したくてもできない、というわけです(もちろん、アルバイトやパートなどで安定した収入があれば、主婦の方でも申込み可能です)。

配偶者の年収によって融資ができる「配偶者貸付」という方法もあるにはあるのですが、手続きが面倒なこともあり、現在取り入れている消費者金融はほとんどありません。

専業主婦や年金生活者でキャッシングを考えている人は、貸金業法の適用外である銀行のカードローンなどを検討してみてください。

WEB完結申込みは条件が厳しめ

『電話ナシ』『郵送物やローンカードの発行もナシ』のWEB完結申込みは非常に人気の高い商品ですが、「誰でももうしこめる」わけではないので、注意が必要です。

ちょっと以下の申込み条件を見てください。

SMBCモビット「Web完結」の申込み条件

三井住友銀行か三菱UFJ銀行かゆうちょ銀行に口座を持っていること(本人名義)
融資は上記口座への振込融資、返済は口座振替にする旨承諾すること

三井住友銀行か三菱UFJ銀行、もしくはゆうちょ銀行に口座がなければ申込みができない、ということですね。さらに提出書類は以下の通り。

SMBCモビット「Web完結」必要書類

①本人確認書類として:
「運転免許証」か「パスポート」
②現在の収入証明として:
「源泉徴収票」「所得証明書」「確定申告書」「税額証明書」「給与明細書(直近2ヶ月分)」のいずれか
③勤務先確認として:
(在籍確認)「健康保険協会発行の健康保険証(社会保険証)」もしくは「組合保険証」、プラス収入証明として給与明細を提出していない人は「給与明細書(1ヶ月分)」

SMBCモビットカードなら、問題がないケースでは運転免許証か健康保険証の提出で済むのに対し、WEB完結ではこれだけの書類が必要になります。

さらに注目したいのが健康保険証の種類です。SMBCモビットではパートやアルバイトでも申込み可能となっていますが、「WEB完結」の場合「全国健康保険協会発行の保険証か、組合保険証」の提出が必要です。つまり、国民健康保険証ではダメで、会社名の入った社会保険証を持っていなければ申込みができないということですね。

アルバイトやパートで勤め先の社会保険に入っていない人、自営業などの個人事業主で国民健康保険の人は対象外となってしまうのはかなり痛いです。融資・返済も三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行いずれかへの振込・口座振替に限られますので、『電話なし』だけで「WEB完結」に決めようとしていた人は、よーく条件を確認してから申し込んでくださいね。

SMBCモビットの金利は?高い?低い?

さて、メリットデメリットを知ったところで、SMBCモビットの具体的なスペックを検証していきましょう。

まずはキャッシング会社を選ぶ最重要事項、「金利」から。結論から言ってしまうと、「現在は消費者金融の中では普通」です。

金融機関(消費者金融) 実質年率
SMBCモビット 3.0%〜18.0%
プロミス 4.5%〜17.8%
アコム 3.0%〜18.0%
アイフル 3.0%〜18.0%

表を見ていただければわかる通り、大手消費者金融はほぼ横並びです。SMBCモビットの最低金利が低いのは、融資限度額が高いからですね。融資金額が大きくなるほど、一般的に金利は下がりやすくなります。

かつては消費者金融といえば「サラ金」と呼ばれ、高金利で貸付しているというイメージがありましたが、2010年の法改正によって法定金利の遵守が義務になり、その後はどこも同じような金利に落ちつきました。

したがって、金利面でSMBCモビットが他の消費者金融より有利・不利ということはありませんので、この点はあまり気にしなくて良いでしょう(銀行のカードローンと比べれば高いですが)。ちなみに、金利(実質年率)がいくらになるかは、実際に借りてみないとわかりません。初回は一番高い18.0%になる可能性が高いと思っておけば、間違いはないです。

ところで「現在は」と付け足したのには理由があります。というのも、上に書いた「高金利時代」に他の消費者金融がのきなみグレーゾーンな高金利で貸し付けしていたのに対し、SMBCモビットは当時から法定金利内での融資を行っていたからです。

大手銀行である三菱UFJ銀行の傘下(当時)にあったことが大きいですが、昔から健全な融資を行っていた=信用できる良心的な会社、と考えて良さそうです。

SMBCモビットの融資限度額

SMBCモビットは、2015年の9月に限度額と金利の改定を実施し、融資限度額は最高800万円まで引き上げられました。

従来 改定後
限度額 最高500万円 限度額 最高800万円
金利(実質年率) 4.5%〜18.0% 金利(実質年率) 3.0%〜18.0%

この800万円という金額は、大手消費者金融のキャッシングではトップクラスです。

金融機関(消費者金融) 融資限度額
SMBCモビット 最高800万円
プロミス 最高500万円
アコム 最高800万円
アイフル 最高800万円

「おお〜そんなに借りれるなら、SMBCモビットでたくさん借りちゃおう!」と思った人、ちょっとストップ!

先ほど書いた「消費者金融は年収の1/3までしか貸せない(総量規制)」を思い出してみてください。SMBCモビットはもちろん消費者金融ですから、この規制に該当します。つまり、SMBCモビットで800万円を借りるなら、(他に借り入れが一円もないという条件で)なんと2400万円もの年収が必要ってことです。まあ、一般庶民にはほぼ縁のない話です。

しかも、消費者金融では最初から「うん百万」なんて金額は出しません。最初はそこそこの金額を貸して、返済と借り入れを繰り返すうちに「優良顧客」と認められれば少しずつ融資枠を増額していく…というスタイルをとっている会社がほとんど。SMBCモビットも例外ではありません。初回の借り入れでは、だいたい30〜50万くらいの融資枠がつけられることが多いですね。

以上のことから結論を出すと、

★SMBCモビットの融資限度額は他社より高いが、数百万円借りれる人はほんのわずか。したがって、限度額は気にする必要なし

です。ただし、限度額が高いということは、高額融資に対する抵抗も少ないということ。地道に返済を続けていれば、いずれは年収の1/3ギリギリまで貸してもらえるかもしれません。

SMBCモビットの審査レベルと審査時間

SMBCモビット審査

いざ借りる、となった時にやっぱり気になるのは「審査」ですよね。SMBCモビットの審査に通るには何がポイントになるのか、そして審査にかかる時間はどのくらいなのか。まとめてみました。

SMBCモビットの審査は?

SMBCモビットは、本人に定期的な収入があれば、フリーターやパート、自営業者でも融資可能です(「PC・スマホからWEB完結」の場合は加えて『社会保険に加入していること』という条件があります)。

とはいえ、誰でも彼でも融資できるというわけではなく、「一般的なアウト条件」に当てはまる人はSMBCモビットの審査でも落とされてしまいます。

  • 過去に複数回、もしくは長期間の延滞をしたことがある人
  • 債務整理を行ったことがある人
  • 他社からの借り入れが多い人
  • 借り入れ希望額が高すぎる人
  • 申込書に嘘がある人
  • 他のカードローンにも何件も申し込んでいる人

延滞や債務整理はいわゆる「ブラックリスト」と呼ばれているもので、解決してから何年も経って事故歴が消えない限り、金融機関は貸してくれません。また、他社の借り入れが多い人は「多重債務者」として敬遠されてしまいます。SMBCモビットには総量規制がありますから、総額で年収の1/3にかかるかどうか、というところが審査のラインですね。このあたりの情報は金融機関で共有している「個人信用情報」ですぐにわかりますので、嘘はつかない、これは鉄則です。

もうひとつ注意してもらいたいのが、立て続けに何件も申込みをしている人。キャッシングの申込履歴は個人信用情報にきっちり残りますから、申込みまくっている人は金融機関に警戒されて審査落ちということも。これを申込みブラックと呼ぶこともあります。一ヶ月のあいだに3回以上申込みをすると、審査に落ちる可能性が高くなります。

審査時間は速い!土日も審査OK

SMBCモビットの本審査の時間は、スムーズに進めば最短30分です(申し込みの日時によっては翌営業日以降の扱いになることがあります)。条件を満たせば申込みをした当日にお金が受けとれる即日融資にも対応しています。

土曜、日曜、祝日でも審査を行ってくれるのは嬉しいですが、審査には「職場への電話」も含まれます。もし勤め先が休みや時間外で電話に出てもらえない場合には審査も終わりませんから、急ぎで借りたい人は「勤務先の稼働日時」にも注意してくださいね。

電話なしの「WEB完結」なら勤め先が休みでも審査はできますが、融資は銀行口座への振込か、スマホATM取引になります。もし審査終了が振り込みしたい銀行の稼働時間外なら、翌営業日まで振込を待つ必要がありますのでご注意ください。(WEB完結ではなく)通常のSMBCモビットカードでの契約なら、無人契約機でカードさえ受け取ってしまえば、コンビニなどの提携ATMで遅い時間までお金が引き出せます。もちろんスマホATM取引も使えますので、即日融資にはこちらの方が便利かもしれませんね。

SMBCモビットの借り入れ方法へ

まずは借り入れ診断でチェック

SMBCモビットには、名前や様々な条件を入力する10秒簡易審査ではなく、匿名でかんたんにできる「お借り入れ診断」があります。

入力するのは、生年月日と、税込の年収、そして他社の借り入れ総額の3つだけ。これでおよその融資可否を判断してくれます。

もちろん、より詳細な本審査で結果がくつがえることもありますが、ここで融資可能の判定が出れば、ちょっと自信を持って本審査に挑めます(笑)。ぜひ下の診断例を見てみてください。

借り入れ診断例

・42歳
・年収 100万円
・他社借り入れ 30万円


下矢印
SMBCモビットの10秒診断

いかがですか?諸条件を省いているので必ずしも本審査にパスできるわけではありませんし、このケースでは総量規制とのかねあいから借りれても三万円程度ですが、意外と融資ハードルは高くない印象です。あきらめる前に、一度ためしてみる価値大いにアリです。

SMBCモビットの借り入れ方法

SMBCモビットの借り入れ方法は二つです。

①銀行口座への振込融資
②SMBCモビットカードで提携ATMから引き出す
③スマホアプリでセブン銀行ATMから引き出す(スマホATM取引)

①は、会員サービスの「Myモビ」から24時間手続きできます。24時間振り込み対応の銀行なら、深夜や早朝をのぞいていつでも最短3分で振込完了。あとは口座からお金を引き出せばOKです。ただし、銀行によっては稼働時間に制限があり、土日や夜間はお金を受け取れないことがあります。振込手数料はSMBCモビットが負担してくれます。

②はローンカードを使ってSMBCモビットの提携ATMからお金を引き出す方法です。特に提携しているコンビニのATMなら24時間利用できますから(一部除く)、振込融資よりも時間の融通がききます。ただし、三井住友銀行のATM以外は利用手数料がかかりますので注意してください。

③のスマホATM取引は新しいシステムです!SMBCモビットのアプリをスマホにインストールし、QRコードをセブン銀行ATMに読み込ませることで、カードなしで入出金ができます。もちろん、24時間取引OK!

提携ATMの利用手数料

取引金額 1万円以下・・・入金/出金 108円
取引金額 1万円超 ・・・入金/出金 216円

手数料無料にこだわるなら振込融資、もしくは三井住友銀行のATMを使いましょう。

SMBCモビットの返済方法と返済額

返済の方法は3つあります。

①提携ATMから返済
②口座振替で返済(三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかのみ)
③SMBCモビットの銀行口座へ振込み返済

※返済日は毎月5、15、25、末日のいずれかから選べます。

一番オススメなのは口座振替です。登録さえしてしまえば、あとは何もしなくても勝手に返済してくれますから、とにかくラクで確実です。もちろん、手数料もSMBCモビット持ち!三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかに口座がなければできませんので、時間に余裕があるなら口座を事前に開設しておくのがベストです。

提携ATMからの返済は手数料がかかる(三井住友銀行以外)のがネックですね。一回一回は大したことがなくても、返済が長く続けばそれだけ手数料がかさんでいきます。

提携ATMの利用手数料

取引金額 1万円以下・・・入金/出金 108円
取引金額 1万円超 ・・・入金/出金 216円

SMBCモビットの口座へ振込返済、という方法もありますが、銀行所定の振込手数料がかかります。まず自分の銀行口座が他社への振込に手数料がいくらかかるか確認しましょう。もし提携ATMを使うより安ければ、振り込み返済を選択しても良いかもしれません。

返済方式は、毎月の借り入れ残高によって返済額が変わっていく「借入後残高スライド元利定額返済方式」になります。返済額は現在の借り入れ残高を以下の表に当てはめればすぐにわかります。

借入れ残高 返済額
10万円以下 1000円
10万円超〜20万円以下 8000円
20万円超〜30万円以下 11000円
30万円超〜40万円以下 11000円
40万円超〜50万円以下 13000円
50万円超〜60万円以下 16000円
60万円超〜70万円以下 18000円
70万円超〜80万円以下 21000円
80万円超〜90万円以下 24000円
90万円超〜100万円以下 26000円

※実質年率18%で計算

自分で金額を設定したい、早く完済したい、という人には物足りないかもしれませんが、繰上げ返済(追加返済)はいつでも何回でも行えます。少しでも返済期間や支払い利息を節約するために、積極的に追加返済しましょう。

また、SMBCモビットには返済シミュレーションのサービスもあります。計画的に返済を行うためにも、シミュレーションは絶対必要です。ぜひ利用してください。

三井住友銀行、三菱UFJ銀行からの振込返済が24時間対応に!

補足

三井住友銀行か三菱UFJ銀行口座からの、同行口座への振込が24時間対応になりました。
(三井住友銀行か三菱UFJ銀行ATM、もしくはインターネットバンキングを利用した口座間振込のみで、現金振込やテレホンバンキングは対象外です)

SMBCモビットにはどちらの銀行にも振込返済用の口座がありますから、もしあなたが三井住友銀行か三菱UFJに口座を持っていれば、夜間でも早朝でも好きな時間に振込返済できちゃうということですね。しかも、インターネットバンキングなら同行間の手数料はぜーんぶ無料。繰上げ(追加)返済にも便利です。

ただし、まだSMBCモビット側のシステムが追いついておらず、平日18時以降や土日祝、年末年始などの振込についてはすぐに入金が反映されません。この場合、翌銀行営業日の午前中に入金の処理がされますのでタイムラグが出てしまいますが、ちゃんと振込された日時にさかのぼって処理してくれますから安心してくださいね。

※振込返済口座は、パソコンからMyモビにアクセスし、振込返済口座照会画面で確認してください。もし三菱UFJの口座が出てこない場合は、フリーコールから相談してみてください。

SMBCモビットの申込み方法:即日融資は?

SMBCモビットにスマホから申し込んで即日融資を受けるまでの流れを見ていきましょう。

PCやスマホからSMBCモビットのホームページにアクセスし、申込みを行う
(※「Web完結」はPCかスマホからのみ申し込み可能)
書類の提出はスマホ経由で写真を送ればOK

下矢印

メールもしくは電話で審査の結果連絡
(「WEB完結」はメールのみ)

SMBCモビット審査結果

下矢印

入会の手続き
SMBCモビット入会

下矢印

 WEB完結 

入会完了メールが届けば申込み完了!
・会員ページから手続きを終えれば、当日中に振込も可能(銀行によっては振込可能時間に制限あり)
・スマホアプリをダウンロードすれば、セブン銀行ATMから24時間お金を引き出せます
・電話連絡がないから融資までスムーズ
・ローンカードの発行なし、契約書類の郵送もなし!

 SMBCモビットカード 

入会完了メールが届けば申込み完了!
・会員ページから手続きを終えれば、当日中に振込も可能(銀行によっては振込可能時間に制限あり)
自動申込機でカードを受け取れば、土日、夜間でも提携ATMが使える!
・スマホアプリをダウンロードすれば、セブン銀行ATMから24時間お金を引き出せます
下矢印
契約書類の郵送

即日融資を受けたいなら、審査してくれる時間を気にしておきしましょう。基本的には21時まで受け付けていますが、審査が完了するまでの時間を考えたら、できれば夕方までには申し込みを始めたいところです。また、急ぎの場合は電話で手続きをすると早いです。審査が完了し、契約まですませてしまえば、スマホATM取引や振込(24時間対応金融機関に限る)で夜間でもお金が借りれます。

まとめ

ここまでの情報をまとめてみました。

SMBCモビットは電話や郵送物を省いた「WEB完結申込み」が人気
「WEB完結」なら、職場への電話連絡もなし
ただし、「WEB完結」は三井住友銀行か三菱UFJ銀行、もしくはゆうちょ銀行に口座があり、社会保険証か組合保険証を持っていなければ申し込めない
SMBCモビットには無利息期間がないので、「すぐ返済したい」という人には向かない
自社ATMはないが、提携ATMは多いので便利
金利や審査は平均的
SMBCモビットカードは安定した収入があればパートやアルバイト、自営業者でもOK。専業主婦は不可
手数料を節約するなら、借り入れは振込融資、返済は口座引き落としがお得

SMBCモビットを選ぶ理由としては、やはり「職場への電話連絡」を省略したWEB完結ですね。この「電話なし」をサービスとして行っているのはSMBCモビットだけ!条件はちょっと厳しいですが、会社員なら特に難しいことはありません。

SMBCモビットで借り入れを考えている人は、三井住友銀行に口座を開設しておくことをお進めします。

「SMBCモビット」

SMBCモビットは2018年オリコン顧客満足度ランキングノンバンクカードローン第1位を獲得しました!

SMBCモビットのWEB完結は電話・郵送なし。
申し込みから借り入れまでPCかスマホがあればOK!!

お申し込みはこちら

ピンチくん
へー。SMBCモビットのWEB完結って会社への電話連絡がないんだ。サラリーマンにはありがたいなぁ。

キャッシー
そうね。会社や親バレは避けたいわよね。でも、手軽に借りれるからって使い過ぎには注意してね。

(文:いなば

関連ページ

すごいぞ「モビットのWEB完結」

「モビットの審査」を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
// おまかせ広告