プロミス徹底調査

プロミスの賢い返済方法とは?繰り上げ返済はどうやるの?【徹底検証】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
プロミスで賢く返済する方法

プロミスは、申し込みだけでなく返済方法も豊富で超優秀です。はっきり言います。プロミスの返済システムは業界でも最先端をいっています!

365日・24時間返済できる「インターネット返済」だけでなく、手数料はプロミス負担で自動的に返済「口フリ(口座振替)」ATMコンビニのマルチメディア端末を使った返済などなど、「こんなのがあったらいいのになあ…」という方法はたいてい実現してくれています。

このページでは、各返済方法の手順やメリット・デメリットから、繰り上げ返済、返済額のシミュレーション、返済できなくなった時の対処法まで、プロミスの返済に関する疑問をまるっと検証しました。ぜひあなたのプロミスライフにお役立てください。

「プロミスで返済する方法」全部教えます

プロミスの返済方法は全部で6つあります。何を基準にどの返済方法を選ぶかはあなた次第です。

カードレス取引の人、毎月の返済手続きが面倒な人➡︎口座振替(口フリ)
24時間、ネットで好きな時に返済したい人➡︎インターネット返済
外出のついでにささっと返済したい人➡︎ATMで返済
コンビニ返済でも手数料無料がいい!➡︎Loppi・Famiポートで返済
しまった!今日返済日だけどカード忘れた!➡︎振り込みで返済
「やっぱり対面が好き」な人➡︎店舗窓口で返済

うっかりなし!口座振替(口フリ)で返済

プロミス口フリ返済

「毎月返済の手続きをするのはめんどくさい…」「忙しくて返済を気にしてられない」「手元にお金があると使っちゃうから、返済が心配」という人には、自動引き落としでの返済がオススメです。

プロミスの口座振替(口フリ)なら、手数料はすべてプロミスもち。提携のATMや、通常の振り込みでの返済よりもおトクなんですよ!

キャッシー
カードレスの「WEB完結」で申し込んだ人は、自動的に口フリ返済になります。

会員サービス対応の金融機関なら、ネットで手続きOK

「口座振替」というと、書類を書いて銀行印を押して…とややこしい手続きが必要なイメージがありますが、「プロミスの会員サービス」に登録できる金融機関なら、書類のやりとりなし、ネット経由で引き落としの申し込みが完了します。

三井住友銀行をはじめとしたメガバンク、ゆうちょ銀行、各都道府県の地銀で会員サービス登録が可能となっていますので、まずは以下のページから、自分の口座がある金融機関が入っているかどうか、そして利用条件を満たしているかどうかをチェックしてみてください。(中には「インターネットバンキング」に登録していることを条件としている金融機関もあります)

ピンチくん
ここに出てこない銀行だと、口フリできないの?

キャッシー
そんなことはないわ。ネットで登録できなくても、書類(預金口座振替依頼書)で口フリの申込みをすることはできるから、プロミスに相談してみてね。

口フリの手続き手順

会員サービスを使った口フリの手続きはとっても簡単。スマホやパソコンから、ささっと申し込みできちゃいます。

プロミス口フリ会員

まず、プロミスの会員ページで口フリに利用したい金融機関を選択してください。そのまま指定した金融機関のログイン画面に移動しますので、あとはオンラインバンキングで引き落としの手続きをすれば完了です。

ちなみに、すでに別の返済方法で契約をしていて、後から返済を「口フリ」に変更する場合、契約の内容自体を変えなければならないことがありますので、手続きの前に必ずプロミスコールへ相談してみてくださいね。

口フリで返済する場合の返済日

口フリの場合、利用する金融機関によって返済日が違いますので、注意してください。

金融機関 三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行 その他の金融機関
返済日 5日・15日・25日・末日から選べる 毎月5日
(引き落し日が土日祝日になる場合は、 翌営業日に引き落し)
引き落としの開始日 指定日の前日までに登録すれば、次回の返済予定日から引き落し可能。 登録の日時によっては、次回の返済予定日に間に合わないこともあり。
返済が残高に反映されるタイミング 引き落としされた当日 引き落としされた3営業日後
通帳への記帳名 三井住友銀行の場合:パルセンター
ジャパンネット銀行の場合:プロミス
SMBC(SMBCコンシューマ

口フリの弱点は「返済がなかなか終わらない」

口フリは自分で毎月面倒な手続きをすることなく、確実に返済をおこなってくれるという点において非常に優秀ではあるのですが、一つだけウィークポイントがあります。

それは、「約定返済額(最少返済額)での返済になるので、返済が長引く」ということです。

プロミスの返済は、その月の借入残高に応じて一定の割合をかけ、「最少返済額」を算出します。基本的にこの金額以上であれば月にいくら返しても良いことになっていますが、口座振替での返済の場合、自動的に最少返済額のみ引き落とされるため、口フリだけに頼っているとなかなか返済が終わらない…という事態が起こってしまうのです。この計算方法についてはこの後の記事で詳しく解説しています。

解決方法は、こまめに繰上げ返済をおこなうこと。自動引落としは「うっかり忘れ」を防ぐための最低限の措置と割り切って、少しでもゆとりのある月はどんどん繰上げ返済をしちゃいましょう。

24時間OK!ネットで返済

プロミスネット返済

プロミスでは、提携している金融機関に口座があれば、24時間いつでも返済の手続きができる「インターネット返済」を取り入れています。

もちろん、手数料はタダ。プロミスが全額負担してくれます!

スマホ、PC、携帯から24時間瞬時に返済

しょっちゅうスマホをいじっている…という人なら、迷わずインターネット返済を選びましょう。「今日返済日なのに、もう銀行の稼働時間が終わっちゃった!」なんて場合でも、あわてる心配はゼロです。スマホ(もちろん携帯やパソコンでも)があれば、カンタンな操作だけですぐに返済できます。しかも24時間即時入金・残高に反映されますので、そのあとの急な借り入れもOK。残っていた融資枠+返済した元金分までならすぐに借りることも可能です。

ただし、インターネット返済には提携している銀行の口座を持っていることが条件になります。

インターネット返済ができる金融機関

インターネット返済が利用できる金融機関は、以下の5行になります。
※各金融機関でインターネットバンキングに登録することが必要

ネット返済銀行

いずれかに口座がある人はぜひ「インターネット返済」を活用してください!

ネット返済の手順

インターネット返済は、まずプロミスの会員ページから返済をおこなう銀行を指定し、そのまま銀行のネットバンキングページに移動して振込手続きに入ります。

ネット返済手順1
ネット返済手順2
ネット返済手順3

ネットバンキングを使ったことのある人なら、いつもの手続きの前に、プロミスの会員ページへのログイン(と返済金額・利用金融機関を指定)を追加するだけ。難しいことは全くありません。

「慌てなさすぎて延滞」に注意

インターネット返済は、それこそ返済日当日の夜ギリギリでも入金できるのが強み。ただし、ATMや振り込みで返済する人より「返済の締切時間」に対する危機意識が薄くなりがちなのも事実です。「夜中でも返済できるし、後でやればいいや」とのんびりしているうちに忘れてしまい、結局延滞になってしまう…というケースですね。1日でも返済が遅れればその分遅延損害金が上乗せされてしまいますから、この「油断で延滞」は絶対に避けなければいけません。

「ちょっとやりそう…」と思ったあなたにぜひ利用してほしいのが、「返済日お知らせメール」です。プロミスの会員サービスから手続きすれば、毎月指定した日に返済日を通知するメールを送ってくれます。自分のスマホにアラームを入れておくのはもちろんですが、この「お知らせメール」も返済日の2〜3日前に届くよう重ねて設定しておけば、うっかりミスを起こす心配はかなり少なくなりますね。

キャッシー
まさにピンチくんのような人のためのサービスね!

ピンチくん
おっしゃる通りでございます…。

ATMから返済

オーソドックスな方法としては、プロミスもしくは提携ATMでの返済があげられます。プロミスは大手銀行やコンビニとも提携していますので、利便性については全く問題なし!コンビニをよく利用する人なら、買い物のついでに返済だって済ませられちゃいます。

※ATMでの返済には、プロミスカードが必要です。カードレスの取引を選んだ方は、自動的に口フリ(口座振替)になります。

プロミスか三井住友銀行のATMで返済

プロミスATM返済

プロミスの専用ATMは、日本各地に900台以上設置されています(2018年3月現在)。プロミス直営ですから、もちろん手数料はゼロ。お金を引き出すだけでなく返済もできます。また、グループ企業である三井住友銀行のATMも同じく無料で使えます!

ATM 稼働時間 手数料
プロミスATM 7時〜24時0
※ATMにより稼働日時が異なります。
無料
三井住友銀行ATM 月〜土曜:7時〜24時
日曜・祝日:7時〜22時
※ATMにより稼働日時が異なります。
無料

銀行の振込みより遅い時間まで返済できる上に、手数料までおトク。ATMでの返済を考えている人は、まずプロミスか三井住友、どちらかの最寄り店舗をチェックしておいてください。

提携金融機関のATMで返済

プロミス提携ATM返済

プロミスはさまざまな金融機関とATMの提携をしています。利用できるATMの数は、合わせてなんと10万台以上(2018年3月時点)。とくに大手コンビニとの提携は大きいです!セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルK…たいていのコンビニのATMは利用可能です。また、ゆうちょ銀行のATMでも返済できますから、「近くにATMがないから返済できない」なんて心配は無用ですね。

プロミスの返済に利用できる提携ATM

・三井住友銀行
・セブン銀行
・イオン銀行
・三菱UFJ銀行
・ゆうちょ銀行
・ローソンATM
・E-net(ファミマ、サークルK、ポプラ、デイリー、ミニストップなど)
・東京スター銀行
・第三銀行
・横浜銀行
・西日本シティ銀行
・福岡銀行
・熊本銀行

※親和銀行、八十二銀行、広島銀行は借入のみ
※ゆうちょ銀行の利用には、web明細に登録しておく必要があります。

ただし、三井住友銀行以外の提携ATMは、利用手数料がかかってしまいます。

利用金額 借入時の手数料 返済時の手数料
10,000円以下 110円 110円
10,000円超 220円 220円

一見たいしたことのない金額に思えますが、毎月のこととなると話は別です。これはキャッシングするときにも言えることですが、少しでも利息を節約したいなら、「100円でももったいない」という意識を持つのは大切です。

「どうしても近くに店舗がない」「忙しくて今月は近くのコンビニしか行けなかった」といった時以外、なるべくプロミスか三井住友銀行のATMを利用しましょう。

ATM返済の手順は?

返済の手順も簡単です。まずATMにカードを挿入し、画面から「ご返済」(ATMによっては「ご入金」)を選びます。選択肢が4つ出てきますので、該当するボタンをタッチしてください。

「一部返済」・・・約定返済額のみ返済
「全額返済」・・・残金を全て返済(一括返済)
「金額指定」・・・約定返済額以上の金額を自分で指定して返済
「投入額」・・・先に現金を投入した金額を返済

その月の自分のふところ具合に合わせて、約定返済額のみの支払いにするか、少し上乗せして払うか決めてください。

ちなみに全額返済をする場合には端数(小銭)が発生すると思いますが、ATMでの返済に硬貨は使えません。多めに支払っておいて、後日プロミスから振り込みしてもらうか、店頭で受け取るか、次回利用するときに充当してもらうか、の3択になりますので、注意してください。

あとは指定した通りのお金を投入し、確認ボタンを押したら終了です。Web明細に登録している場合、ATMから発行される利用明細には、返済後の残高と次回返済日のみ記載されていますので、詳細を知りたい時は会員ページから確認してくださいね。

コンビニのマルチメディア端末で返済

メディア端末返済

と、説明したところで、実はもう一つ手数料無料で返済できる方法があります。それは「ローソン、ファミマ、ミニストップのメディア端末を使って返済」です。

これは各コンビニに設置されている、主にチケットやグッズの購入、公共料金の支払いなどができるマルチメディア端末を使った返済方法で、「ATM」とは別のものです。プロミスはローソン・ミニストップのLoppi 、ファミリーマートのFamiポートと提携しており、手数料無料で返済に利用することができます。

まず端末の画面指示に従って「各種支払い(返済)」からプロミスを選び、プロミスカードをカードリーダーに通して暗証番号を入力すると、支払い用紙が発券されます。それをレジに持っていって直接お金を支払うという流れです。

LoppiもFamiポートも365日24時間使えますから、コンビニで返済するならこちらの方がダンゼンお得です。

銀行振り込みで返済

プロミスの口座へ直接お金を振り込む「振り込み返済」もあります。プロミスの銀行口座は複数ありますので、ネットの会員サービスから確認するか、プロミスのフリーコールへ電話して聞いてください。

お持ちの銀行口座でネットバンキングに登録していれば振り込み自体は簡単ですが、銀行所定の振込手数料がかかります。また、銀行の振込時間外は入金の処理がされませんので、返済をおこなう日時には十分気をつけてくださいね。

プロミス窓口で返済

最後は「プロミスの店舗へ行って、直接窓口で支払う」です。ただし、プロミスの有人店舗は全国に18しかありません(2018年3月現在)。また、窓口が開いているのは平日の午前10時〜午後6時までになります(店舗により異なります)ので、かなり利用は限られそうですね。

全国のプロミス有人店舗一覧表は以下の通りです。

都道府県 有人店舗名
北海道 札幌お客様サービスプラザ
宮城県 仙台お客様サービスプラザ
埼玉県 大宮お客様サービスプラザ
石川県 金沢お客様サービスプラザ
千葉県 千葉お客様サービスプラザ
東京都 新宿お客様サービスプラザ
神奈川県 横浜お客様サービスプラザ
愛知県 名古屋お客様サービスプラザ
京都府 京都お客様サービスプラザ
大阪府 梅田お客様サービスプラザ
なんばお客様サービスプラザ
兵庫県 神戸お客様サービスプラザ
広島県 広島お客様サービスプラザ
愛媛県 松山お客様サービスプラザ
福岡県 福岡お客様サービスプラザ
鹿児島 鹿児島お客様サービスプラザ
沖縄県 那覇お客様サービスプラザ

大都市近辺にしか有人の店舗はありませんね。東京ですらたった2店舗しかありません。とはいえ無人店舗(ATM)はいたるところに設置されていますので、特に窓口にこだわる必要はないでしょう。

プロミスの返済日はいつ?

プロミス返済日

プロミスの返済日は、毎月5日、15日、25日、末日から自由に選ぶことができます。できるだけ「お金に余裕のある時期」に返済期日を指定するようにしましょう。

ただし、返済を口フリ(口座振替)にした人は、利用する金融機関によって返済日が変わります。三井住友銀行かジャパンネット銀行からの引き落としなら5・15・25・末日から選べますが、その他の金融機関から口フリする場合、返済日(引き落とし日)は自動的に毎月5日に固定されます。

口フリ(口座振替)金融機関 返済日
三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行 5日・15日・25日・末日から選べる
その他の金融機関 毎月5日
(引き落し日が土日祝日になる場合は、 翌営業日に引き落し)

返済はいつからできる?

補足

プロミスは、期日までに入金すれば、いつでも返済可能です。極端なことを言えば、返済期日の翌日に次回の返済をおこなってもいいんです。「返済期日=返済の締切」ぐらいの意識でちょうどよいでしょう。

期日ぴったりの返済だと「うっかり」も起こりやすいので、気づいた時、思いついた時、お金に余裕がある時に待つことなく返済できるのが嬉しいですね。

毎月の返済額は?

さて、いよいよ具体的な返済金額について見ていきましょう。

プロミスの返済方式は、「残高スライド式元利定額返済方式」です。ちょっと小難しいのでかんたんに説明すると、「その時の借入れ残高に定められた率をかけて返済額を算出し、残高が減れば返済額も減っていく」返済方法ということです。この中に利息も含まれており、返済が進むごとに元金充当分の割合が増え、利息充当分が少なくなっていきます。

プロミスでは、借り入れ残高が100万円超、100万円以下、30万円以下の3段階で返済額が変わっていきます。

最少返済額以上ならいくらでもOK

プロミスの約定返済額(最少返済額)の算出方法は以下の通りです。

借り入れの残高 約定(最少)返済額 返済回数
①30万円まで 借り入れ残高×0.0361 36回以内
②30万円超〜100万円まで 借り入れ残高×0.0253 60回以内
③100万円超 借り入れ残高×0.0199 80回以内

※金利は17.8%で計算・1000円未満は切り上げ

プロミスの場合、約定返済額はあくまでも「最低限」の金額ですから、これ以上であれば月にいくら返済に回しても良いことになっています。その時の自分の経済状態に合わせて、勝手に金額を決めてOK。プロミスに「今月は多めに返済します」とわざわざ連絡を入れる必要もないので、自由度が高く、無理のない返済ができます。

30万円借りた場合の返済額は?

仮にプロミスで30万円借りた場合、月々の返済額はいくらになるか計算してみましょう。

今回は借入額(残高)が30万円なので、表①の計算方法で返済額を出します。

300,000円×0.0361=10,830円(切り上げ)≒11,000円(36回払い)

約定返済額は11,000円。毎月最低でも11,000円を支払えばOKということですね。

ピンチくん
別に毎月最低返済額だけでもいいってことでしょ?楽勝だね!

キャッシー
その考え方、危険よ!いつも最低限の金額だけ返済してると、のちのち大変になる可能性があるのよ〜。

プロミスで借りるとお得なワケ

補足

他の消費者金融はたいてい最高金利が18%なのに対し、プロミスの最高金利は17.8%となっています。消費者金融の中でもプロミスが一番低金利なのがわかると思います。消費者金融のカードローンの場合、初回は基本的に最高金利が適用されますから、プロミスで借りれば、支払う利息の金額も一番抑えられる可能性があるというわけです。

また、プロミスには初回限定の無利息サービスもあります(メールアドレスとWeb明細の登録が必要)。他社と違い、契約日の翌日からではなく、「実際に借りた日」から30日間なので、契約だけしておいて、後日必要となった時にお金を引き出したとしても、無利息期間を丸々使えます。

プロミスの申し込みはこちら

最少返済額の罠:支払い利息に数万円以上の差が!

上でキャッシーさんが言っているように、最少返済額の気楽さに甘えてずっとそれだけしか払わなかったら、一体どうなるでしょうか?

まず下の表を見てください。

30万円を借りて最少返済額だけ返済した場合

毎月の返済額・・・11,000円
返済期間・・・36回
返済総額・・・387,289円

支払い利息総額・・・87,289円

支払い期間は3年、払う利息の総額は9万円弱!!借りたお金が30万ですから、3割近く上乗せして支払ってることになります。これではせっかくの低金利も台無しですね。

そこでちょっと頑張って、毎月2万円ずつ返してみましょう。

30万円を借りて毎月2万円ずつ返済した場合

毎月の返済額・・・20,000円
返済期間・・・18回
返済総額・・・341,844円

支払い利息総額・・・41,844円

返済期間は半分に、利息総額は半分以下にまで下がりました!この差はかなり衝撃的ですね。

「毎月の返済額が低い」というのは、たしかに返済の負担が小さく楽チンなように思えますが、実は、返済の期間は長びき、払う利息は大きくなってしまいます。(金融機関側はその方がもうかりますから、毎月コツコツ約定返済額だけ支払ってくれる人は「上客」です)

できるだけお得に借りるためにも、最少返済額に甘えすぎず、余力のある月にはどんどん繰上げ返済をしましょう。

繰り上げ返済の方法

ピンチくん
で、結局繰り上げ返済ってどうやればいいの?

キャッシー
お、やる気になったわね。プロミスの繰り上げ返済はとっても簡単よ。

そう、プロミスの繰り上げ返済の方法はシンプルです。

先ほど説明したように、プロミスでは最低返済額以上なら月にいくら返済しても良いことになっています。つまり、余裕のある月は勝手に多めに返済しちゃえば、それだけで繰り上げ返済したのと同じことになるのです。もちろん、1000円、2000円といった細かいお金を、思いついた時にせっせと入金してもOK。

ただし、「口フリ」の人は注意が必要です。口座振替で返済を行う口フリの場合、返済額を月によって変更することができず、原則的に約定返済額(最少返済額)だけが毎月引き落とされます。口フリの人が繰り上げ返済をおこなう場合は、別途ATMや振り込みで追加返済をする必要があります。

特に「Web完結申込み」でローンカードを発行していない人はATMが使えませんから、繰り上げ返済は振り込みか窓口返済に限られてしまいますね。

「あ〜やっぱりカード作っとくんだった!」と頭を抱えた方、ご安心ください。実はプロミスカードは、契約後ならいつでも発行可能なんです。会員ページからカードの発行の申請をして郵送してもらったり、自動契約機で直接受け取ったりできます。カードがあれば、全国のプロミスや提携金融機関のATMで繰り上げ返済の手続きができます。

「今月返せないかも…」返済できない時はどうする?

返済できない

あまり考えたくないかもしれませんが、もし返済の途中で「今月はどうしても返済できない…」という状況になってしまったら、どうしたらよいでしょうか。

すみやかにプロミスへ申告すべし

もし返済が難しくなった時には、返済日が来る前にプロミスへ必ず連絡してください。放っておくと後で大変な目にあいます。

プロミスに返済がきびしいことを伝えると、事情を考慮して今後の返済計画を提案してくれます。もちろん、「いついつならこのくらい返せる」といった前向きな返済意志を示すことが大事です。きちんと返済のめどが立てば、約束の期日までは督促せず待ってくれますし、一時的に利用を止められても、入金が確認できればすぐに再開してくれることもあります(ただし、前もって連絡をしても、遅れた日数分だけ遅延損害金はかかります)

また、「利息だけ払い」と言って、その月の約定返済分から利息に充てられる金額だけ入金することで、「延滞」扱いにならないようにすることもできます。少しでも返済できるお金があるなら、こちらの方が信用情報に傷がつかずベターですね。

遅延損害金とは?いくら払う?

遅延損害金というのは、返済が遅れた時に課せられる延滞料金のようなものです。遅れた日数分だけ、ペナルティとして高めの金利を払うことになっています。プロミスの遅延利率は20.0%(実質年率)。他の消費者金融と同じです。

キャッシング会社 遅延損害金利率(実質年率)
プロミス 20.0%
SMBCモビット 20.0%
アコム 20.0%
アイフル 20.0%
レイクALSA 20.0%

遅延損害金が発生するのは約定返済日の次の日からです。実際に返済があった当日までの日数、日割りで損害金が加算されます。

例えば、借入れの残高が10万円で、10日間延滞していたとします。

残高10万円で延滞日数10日

100,000円×20%(年率)÷365日×10日≒548円

遅延損害金 548円

この金額を返済額に上乗せして支払うことになります。一見たいしたことがないように見えるかもしれませんが、借入れ残高が大きかったり、延滞の日数が増えていけば、あっという間に増えていきますよ。また、個人信用情報には、バッチリ返済遅れの記録が残ります。

どうしても返済できない時は仕方ない場合もありますが、「うっかり返済日を忘れて…」とか、「今月は欲しいものを優先させちゃった」とか、軽い気持ちで延滞をしないようにしましょう。

まとめ

ここまでの情報をまとめました。

プロミスの返済方法は「口フリ」、「ネット返済」、「ATM」、「LoppiかFamiポート」、「振り込み」、「窓口」の6通り
おすすめは手数料がかからず返済に行く手間もない「口フリ」か「ネット返済」
プロミスか三井住友銀行以外のATMは手数料がかかる
返済日は5日・15日・25日・末日から選ぶことができる(三井住友・ジャパンネット銀行以外で口フリをする場合は5日のみ)
プロミスは最低限の金額をクリアしていれば月にいくら返してもOK
できるだけ繰り上げ返済しておくと、支払う利息総額が小さくなりお得
返済できない時はすぐに連絡し、善後策をとってもらおう

ピンチくん
こんなに返済の方法があるって知らなかったな〜。

キャッシー
そうでしょ。24時間返済ができるなんて、昔では考えられなかったわよね。プロミスはクーポンやポイントサービスなど契約後のお楽しみも多いから、かなりおすすめよ。

(文:いなば

関連ページ

大人気「プロミス申込み方法」

アコムの返済について
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
// おまかせ広告