プロミス徹底調査

プロミス×三井住友VISAプリペイドで得する方法どこよりも早く教えます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
プロミス×三井住友VISAプリペイド

大手消費者金融「プロミス」の振込キャッシングで、「三井住友VISAプリペイドカード」に無料でチャージできるようになりました。

三井住友VISAプリペイドは、世界中のVISA加盟店やインターネットショッピングでクレジットカードと同じように使えるカードです。事情があってクレジットカードを作れない人でも、現金をもたずに海外旅行ができちゃうすぐれたカードです。

しかも、三井住友VISAプリペイドとプロミスを組み合わせて利用すれば、プリペイドカード発行手数料やキャッシング手数料を節約したり、ポイントを貯めてチャージに充てたり、バラバラに使うよりず~っとお得なんです。

では、プロミス×三井住友Visaプリペイドで得する方法を詳しく解説していきましょう。

「三井住友VISAプリペイド」ってどんなカード?

三井住友VISAプリペイドは、三井住友カード株式会社が発行しているプリペイドカードで、あらかじめお金をチャージしておけばクレジットカードと同じようにカード決済ができます。カードの利用手数料は無料です。楽天Edyやnanacoと同じようにチャージしたお金を使い切ったら、新たにチャージすれば何度でも使うことができるプリペイド型の電子マネーです。

メリット1:審査がないから、クレカを作れない人でも発行OK

審査なし

三井住友VISAプリペイドは審査なしで発行できるので、自己破産や債務整理後あまり年数がたってない人でも問題なく発行してもらえます。

また、クレジットカードは設定されたショッピング枠に残高が残っているとついつい使ってしまうという心配があります。その点、プリペイドならチャージされている分しか使えないので使い過ぎの心配がないというのもメリットの1つです。

留学などで親元を離れるお子さんに、「クレジットカードはもたせられないけど大金をもたせるのも心配」という場合でも、チャージした金額しか使えないプリペイドカードなら安心してもたせられます。

ピンチくん
プリペイドの発行には審査がないんだって。

キャッシー
発行までのスピードも早いし、収入制限がないから専業主婦やお子さんにもたせることもできるお薦めカードよ。

メリット2:チャージして何度も使える

プリペイドカードには使い切ったら終わりというものと、追加チャージすれば何度でも使えるものがありますが、三井住友VISAプリペイドは追加チャージが可能なタイプです。

離れたところに住む家族に渡したプリペイドの残高をネットでチェックして、使い切ってしまったら追加チャージしてあげることも可能です。

メリット3:ポイントがたまる

大抵のクレジットカードにはポイントシステムが採用されていて、利用代金に応じてポイントが付与されます。三井住友VISAプリペイドも、月の利用額2000円ごとに1ポイント付与されます。貯まったポイントを、追加チャージに利用できます。

メリット4:万が一カードをなくしても安心の「利用ロック」機能つき

カードを紛失したら、なるべく早くカード会社に電話して利用停止にしてもらうのが鉄則ですが、慌ててしまってカード会社の電話番号が見つからなかったりして、精神的ダメージはかなりのものです。でも、三井住友VISAプリペイドなら、マイページ(会員専用ページ)から自分自身で利用をストップすることができるのでセキュリティはバッチリです。もちろん、カードが自分の部屋で見つかったなんてときは自分で利用を再スタートすることができます。

メリット5:VISAが使える世界中のお店で使える

VISAが使える店で使える

三井住友VISAプリペイドは、VISA加盟店で決済できるカードです。VISAは、世界でナンバーワンのシェア率を誇るクレジットカードの国際ブランドです。世界中どこにいっても、クレジットカードが使えるお店でVISAが使えないなんてことはありません。もちろん、クレカ利用OKの通販サイトでもVISAを持っていれば問題なく決済可能です。

クレジットカード5大国際ブランドについて

補足

国際ブランドがついてるクレジットカードやプリペイドカードは海外でも使えます。

たとえば、楽天が発行している楽天カードに国際ブランドがついてなければ、日本国内では使えても海外のお店では利用できません。

加盟店数が多い5大国際ブランドを紹介します。

1.VISA(ビザ)
最も加盟店が多いといわれるVISA。VISA自体はカード発行を行っていませんが、VISAからライセンスを受けたカード会社がカードを発行しています。VISAさえもっていれば、使えなくて困ることはないでしょう。

2.MASTERCARD(マスターカード)
MASTERカードもVISAと同じくカード発行は行っていません。世界中では幅広く利用されています。アコムでは、MASERカードと提携して「ACマスターカード」を発行しています。

3.AMERICAN EXPRESS(アメリカンエクスプレス)
通称アメックスで知られるアメリカンエクスプレスは、富裕層向けのカードとして有名です。とくにプラチナカードやブラックカードは、年会費も高く一般の人はなかなかもてないと言われています。

4.DINERS CLUB(ダイナーズクラブ)
ダイナーズもアメックス同様、富裕層向けと言われるカードです。一般のカードでも比較的加入が難しいといわれています。加盟店がダイナーズに支払う手数料が他社より高いため、日本では使える店が少なめです。

5.JCB(ジェイシービー)
唯一日本の会社です。以前は海外、とくにヨーロッパではほとんど使えないと言われていましたが、現在は加盟店が増えているので小さい店でなければ大抵利用できます。

メリット6:利用者にあわせて複数のカードを用意

カードの種類 特徴 発行手数料/発送手数料
カード発行型
カード発行型
店舗やネットショッピングで利用 200円/440円(税込)
カードレス型
カードレス型"
ネットショッピングで利用 200円/なし(税込)
カード発行型(ポケモンデザイン)
カード発行型(ポケモンデザイン)
店舗やネットショッピングで利用 540円/440円(税込)
オールチャージ型(ANAVISAプリペイド)
オールチャージ型(ANAVISAプリペイド)
ANAのマイルが貯まるプリペイドガード。
シルバー・ブルー・ピンクの3種類から選択可。
200円/440円(税込)
チャージ限定型(ANAVISAプリペイド)

チャージ限定型(ANAVISAプリペイド)
ANAのマイルが貯まるプリペイドガード。
ANAクレジットカードをもってる方(生計を同一にしている13歳以上のお子様可)。
シルバー・ブルー・ピンクの3種類から選択可。
200円/440円(税込)

三井住友VISAプリペイドのデメリットは?

プリペイド発行には、200円~540円程度の手数料がかかります。しかも、カードを郵送で受け取ると発送手数料が440円、合計640~980円も払わなくてはなりません。

また、チャージの限度額が1枚につき50,000円と少なめなのも少し気になります。
(同時に5枚まで、同一名義でカード所有が可能です。)

ピンチくん
プリペイドの発行には発行手数料がかかるのか。

キャッシー
郵送にすると発送手数料もかかるから合計640円。ポケモンカードだと980円。ちょっと痛いわよね。でも、大丈夫。タダでもらえる方法を紹介するわ。

プロミスに入会して最大2000円分のプリペイドカードをタダでもらう方法

pickup

三井住友VISAプリペイドをインターネットやコンビニで購入すると、640円程度の手数料がかかります(手数料はカードによって異なります。)

ところが、プロミスに入会すると最大2000円分のカードが手数料なしでプレゼントされるので、とってもお得です。

最大2000円分チャージしてもらうには?

①プロミスと新規契約(はじめて)すると、1000円チャージされた三井住友VISAプリペイドがもらえる

②プロミスの振込キャッシングのチャージ先に「三井住友VISAプリペイド」の番号を登録すると、さらに1000円チャージされる

プリペイドカードをもらう方法は、プロミス申し込み時にプリペイドカードの送付先を選ぶだけなので、面倒な手続きはいりません。2000円を使い切っても、チャージすればまた使えます。普段プリペイドを利用しない方は、プレゼントされた分だけ使って、あとは放置でもまったく問題ありません。プリペイドカードはクレジットカードと違って、持っていたからと言って個人信用情報機関に記録されるわけではないので、他のローン契約に影響があるということは一切ありません。

プロミスの申し込みはこちらから

プロミスの振込キャッシングでチャージする方法

プロミスの会員専用メニューまたはスマホアプリで、振込キャッシングの振込先を三井住友VISAプリペイドに指定することができます。

提携ATMでお金を引き出すと手数料がかかりますが、振込キャッシングなら手数料はプロミスもち。プリペイドの利用にも手数料はかからないので、断然お得にキャッシングしたお金が使えちゃうんです。

これからの季節、長期休暇に海外へという人も多いと思います。現金を両替しすぎて余ってしまうのはイヤだし、クレジットカードの発行には2週間程度かかるから間に合わない。なんて人におすすめなのが、プロミス×三井住友VISAプリペイドの利用です。プロミスなら最短で当日の契約が可能ですから、海外旅行に行く直前の申込みでも大丈夫、間に合います。「でも、海外ではプロミスカードで借り入れはできないでしょ?」そうなんです。海外でプロミスカードから直接お金をひきだすことはできないけど、三井住友VISAプリペイドをもっていれば問題ありません。

どういうことかというと、海外でもインターネット経由で振込キャッシングを使ってプリペイドにチャージすればいいんです。プロミスの瞬フリをつかえば、24時間いつでも最短10秒で融資が行われてすぐにチャージが完了するので、時差を気にせずにあっという間に利用開始となります。(瞬フリの利用には、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座が必要です)三井住友VISAプリペイドの国際ブランドはVISAですから、大抵のレストランやショップで問題なくお買い物ができるので、もってると本当に便利です。

また、海外旅行から帰ってきてすぐに返済すれば、利息もそんなにはかかりません。上手に無利息期間を利用すれば、日本円を現地通貨に両替して使うよりずっとお得です。

チャージについて

補足

チャージは1回につき3000円~29000円まで、1円単位でのチャージが可能です。1枚のカードにチャージできるのは、50,000円が限度ですが、複数のカードを合算して利用することもできます。

チャージ機能を利用するには、事前に本人確認が必要です。

本人確認は、Webのマイページで「お客様情報照会」>「本人確認登録」を選択し、「職業」「利用目的」を入力後、「インターネットでの提出」ボタンをクリックします。本人確認書類として、パスポート・健康保険証・住民票の写し(6か月以内)のうち1点をアップロードすれば本人確認完了です。

プロミスからのチャージ手数料は無料ですが、プロミスからの借入れには金利がかかります。

プリペイドカードとクレジットカードとの違い

プリペイドとクレカの違い

プリペイドの使い方はクレジットカードと同じですが、クレカは今支払いできるお金がなくても使えるのに対して、プリペイドカードはチャージするお金がないと使えないところが、違います。

そんな、プリペイドの弱点をサポートしてくれるのがプロミスです。プロミスで借りたお金をチャージすれば、今すぐプリペイドが使えます。もちろん、最初の2000円分以外は自分で返済しなくてはダメですが、今しか行けないところや今しか買えないものってありますよね。そんなチャンスを逃さないために「プロミス×三井住友VISAプリペイド」が活躍します。

また、プリペイド発行には審査がないので、わけあってクレジットカードは作れないという人でもプリペイドなら大丈夫です。(プロミス契約には審査があります)

プロミス×三井住友VISAプリペイドで得すること

プロミスだけで使うより、三井住友VISAプリペイドをプラスして使うとずっと便利でお得です。

  プロミス×三井住友VISAプリペイド プロミス
手数料 0円 ×一部のATMで108円~216円
便利さ お店で直接使える ATMか銀行口座からお金をひきだしてつかう
海外 使える ×使えない
ポイント 二重にたまる
・プリペイド:2000円で1ポイント
・プロミス:会員メニュー利用でたまる
キャッシングではたまらない
特典 入会時2000円チャージ済
無利息サービスが使える※
無利息サービスだけ※

※無利息サービスの利用には、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

ピンチくん
プロミスに入会すれば、最大2000円分のプリペイドカードがもらえるんだね。

キャッシー
プロミスから三井住友Visaプリペイドにダイレクトでチャージすれば、手数料が一切かからないし。タダが大好きなピンチ君にはピッタリじゃない。

プリペイドカードはクレジットカードと同じように使えるけど、審査なしで誰でも作れる
プロミス新規契約時に、最大2000円分の三井住友VISAプリペイドがタダでもらえる
プロミスの振込キャッシングで、三井住友VISAプリペイドにチャージすれば手数料無料
プロミスのポイントと三井住友VISAプリペイドのポイント二重どり

(文:

関連ページ

大人気カードローン「プロミス申込方法」

プロミスで得する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
// おまかせ広告