ランキング

【保存版】消費者金融の金利ランキング、大手と中小どっちが得?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
消費者金融金利ランキング

「私が初めてキャッシングしたのは、もっていたクレジットカードにたまたまキャッシング枠がついていたからで深い意味はありませんでした。」

実はこれ、借金地獄にハマる人あるあるです。
もしもあなたが住宅ローンを組むなら、いろんな銀行のホームページを見て金利を比較したり毎月いくら返済するのか、自分の収入でいくら借りられるのか徹底的に調べるはずです。それは、キャッシングだって同じこと。金額が少ないからって適当に借入先を決めてはいけません。あとで後悔しないためにも、少しでも低金利のカードローンを選んで申し込むのが正解です。

ピンチくん
金利とか利息とか、難しくてよくわからないんだよね。

キャッシー
でも、キャッシングに申込むなら少しは勉強したほうがいいわ。そんなに難しくないから安心してね。

大手消費者金融と中小消費者金融の金利ランキング

上限金利が一番低い消費者金融

カードローンの金利には、「〇〇%~〇〇%」といったぐあいに幅をもたせてあります。金利の最高値を上限金利とか最高金利といいますが、初めてカードローンを利用する場合はほぼ100%上限金利が設定されるので、申し込みの前にしっかり確認しておきましょう。

当サイトでは利用者のみなさんが簡単に比較できるように、上限金利が低い順に消費者金融を一覧表にしました。

カードローン名 金利
プロミス 年4.5%〜17.8%
アコム 年3.0%〜18.0%
アイフル 年3.0%〜18.0%
SMBCモビット 年3.0%〜18.0%
セントラル 年4.8%〜18.0%
フクホー 年7.3%〜18.0%
エイワ 10万円未満:年19.9436%
10万円以上:年17.9507%
いつも(itsumo) 年7.0%〜18.0%
アロー 年15.0%〜19.94%
プラン 年15.0%〜20.0%

CMでもよく見かける大手消費者金融の上限金利は18.0%が標準一番低いのはプロミスで17.8%です。中堅消費者金融の場合は、法律の上限である20.0%程度に設定されてる業者も多いので、まずは大手から検討した方がいいでしょう。

大手消費者金融はこんなに便利?

補足

大手消費者金融のカードローンは無担保・保証人なしで融資スピードも早いのが特徴ですが、顧客向けのサービスが充実していることでも知られています。

たとえば、無利息サービスや女性オペレターが契約や返済について相談にのってくれる女性専用ダイヤルが設置されているレディースローンが有名です。

最近では、在籍確認が電話ではなく書類ですませられるためインターネットだけで申し込みから契約までのすべての手続きが完了できるSMBCモビットのWEB完結サービス(カードレス・自宅への郵便物なし)や、利息や提携ATMの手数料として使えるポイントサービスがあるプロミスなど独自のサービスを展開する業者も増えています。

銀行カードローンの金利一覧

銀行カードローンは消費者金融よりも低金利です。

カードローン名 金利
みずほ銀行カードローンコンフォートプラン 年3.5%〜14.0%
(下限金利3.5%は住宅ローン併用時)
三井住友銀行カードローン 年4.0%〜14.5%
楽天銀行スーパーローン 年1.9%〜14.5%
三菱UFJ銀行カードローンバンクイック 年1.8%〜14.6%
オリックス銀行カードローン 年1.7%〜17.8%
レイクALSA 年4.5%〜18.0%
北洋銀行カードローン「スーパーアルカ」 年1.9%〜14.7%

銀行系カードローンは、限度額が大きく金利も低く設定されているので借りられればラッキーですが、銀行口座の開設が必要だったり無利息サービスがなかったりサービス面では消費者金融に後れをとってると言わざるをえません。

ただし、収入による融資規制の法律がないために、消費者金融と違い、銀行によっては専業主婦でも借りれる場合があります。旦那さんの年収を申告すれば、収入証明書や同意書の提出は不要で申し込めます。ただし、限度額は最高30万円程度に制限されています。

金利とは?徹底解説

金利はここを見る、正しい金利の見方

キャッシングやカードローンでお金を借りたら、借りたお金に利息をプラスして返済しなければいけません。ローン会社は、この利息(利子)でもうけを得ています。

利息を計算するときに用いる利率(割合)を「金利」と言います。カードローンの広告に「4.5%~18.0%」などと記載されているのが金利です。

金利は、下限金利~上限金利の範囲内でカードローン会社が決定します。限度額が高額になれば高額になるほど金利は低くなりますが、消費者金融で初めから高額融資を受けるのは難しいので、まずは上限金利が設定されると考えて間違いありません。契約時に金利を確認して納得がいかなければ、契約しなくても問題ありません。

ピンチくん
実際の借入金額じゃなくて限度額で金利が決まるのか。それなら、融資希望額はとりあえず大きくしといた方がいいってこと?

キャッシー
そうね~。でも、年収や総量規制の問題もあるし初回利用で高額融資は難しいわね。それに、消費者金融で50万円以上借りるとなると収入証明書の提出が必要よ。50万円までなら身分証明書だけで申し込めるから審査も早いのよ。

5秒でわかる!利息の計算方法

利息の計算方法

利息の計算は実は簡単で、借りたお金(元金)に利率をかけるだけです。

たとえば、10万円借りた場合1年後に払う利息は18,000円です。

利息の計算式

10万円(元金)×18.0%(金利) = 18,000円(一年後の利息)

一年以内に全額完済すれば、利息を減らすことができます。

消費者金融の上限金利はなぜ18.0%?

消費者金融の上限金利は18.0%程度に設定されていますが、これには理由があります。

金利はローン会社が決定しますが、いくらつけてもいいというわけではありません。利息上限法という法律で上限が決められています。

利息上限法による上限金利

借入金額 金利の上限
10万円未満 20.0%
10万円以上100万円未満 年4.0%〜14.5%
100万円以上 15.0%

カードローンを初めて利用すると通常は10万円から50万円程度の限度額が設定されるので、上限金利を18.0%に設定しています。18.0%より大きい上限金利が設定されてるローン会社では、初回借入金額は10万円未満の可能性が高いです。もしも、100万円以上の融資を受けることができればあなたの金利は15.0%以下に設定されます。

もしも、上の表よりも高い金利で貸し付けている業者を見つけたら、それは間違いなくヤミ金(違法業者)です。万が一、手を出してしまったら「闇金ウシジマくん」の世界へ一直線です。弁護士や警察でもどうにもできないことが多いので、絶対にお金を借りてはいけません。最近、「ソフト闇金」なるものが登場して「金利は少し高いけど、それほどひどい取り立てはないよ」みたいなアピールをしていますが、違法業者には違いないので近づかないようにしましょう。

10万円借りると返済はどうなる?100万円では?

ここでは具体的な返済金額を見ていくことにします。

返済シミュレーション①

10万円借り入れ
・利率 18.0%
・返済回数 12回

下矢印

10万円の返済

※プロミスの返済シミュレーションを使用して計算

「あれ!?10万円借りた場合の利息は18,000円じゃないの?」と思った方もいるかもしれませんね。実はこれ、利息のちょっとわかりにくいところ。返済を一年後に一括で行えば利息は18,000円ですが、カードローンの返済は毎月行われるので返済がすんだ元金分を差し引いて計算しなければいけません。当然、返済回数をかえれば利息や総返済額もかわってきます。

100万円以上借りられれば金利は一気に下がります。

返済シミュレーション②

100万円借り入れ
・利率 15.0%
・返済回数 36回

下矢印

100万円の返済

※プロミスの返済シミュレーションを使用して計算

カードローン会社の公式ホームページでは「返済シミュレーション」サービスが無料で提供されているので、実際の融資希望額を入力して試算することができます。

グレーゾーン金利と過払い請求

金利には上限があって20.0%以上には設定できない(100万円未満は18.0%まで)ことをお話しましたが、実はこれ、わりと最近見直された法律です。

消費者金融がサラ金と呼ばれることが多かった時代、当然のようにもっと高い金利で融資が行われていました。それらの業者がすべてヤミ金(悪徳業者)だったかというとそういうわけではなく、法律の抜け道を利用した融資が行われていたということなのです。どういうことかというと、2010年に改正貸金業法が施行されるまで金利を制限する法律が二つあり、それぞれの上限が異なっていました。詳細は以下の通りです。

利息制限法 出資法
利息の上限 10万円未満…15.0%まで
~100万円未満…18.0%まで
100万円以上…20.0%
29.2%まで
罰則規定 とくになし 5年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金

上の表を見ればわかるように利息制限法は守らなくてもとくに罰則はなかったため、多くの業者が出資法の上限である29.2%で貸付を行っていました。

利息制限法の上限と出資法の上限、この間の違法でありながら違法と言い切れない金利はグレーゾーン金利と呼ばれるようになりました。

グレーゾーン金利

しかしながら、これでは問題があるということで、2010年(平成22年6月)に法律が改正され出資法の上限も利息制限法と同水準に引き下げられました。現在では、どちらの法律に違反しても罰則を受けることになっています。

また、2010年以前に支払ってしまった利息制限法の上限を超える利息分は「過払い金請求」を起こせば取り返せる可能性があります。この過払い金請求は当時の消費者金融の経営を圧迫し、武富士など大手と言われる企業も倒産するほどのいきおいでした。ただし、過払い金請求をすれば全額取り戻せるという保証はどこにもありません。いくら取り戻せるかは交渉次第といったところです。

無利息サービスあり、お得なカードローン

一定の無利息期間をもうけているカードローン会社があります。
たとえば、「契約日の翌日から30日間無利息サービス」なら、カードローン契約の翌日から30日間の利息が無料になります。

無利息サービスの適用条件や適用期間は会社によって異なります。一覧表にまとめたので、しっかり比較して利用しやすい会社を選んでください。

カードローン名 実質年率 融資スピード 適用期間 適用対象
プロミス 年4.5%〜17.8% 最短即日融資も可能 初回出金日の翌日から30日間 ・初回利用
・Eメールアドレス登録のうえ、Web明細を利用
アコム 年3.0%〜18.0% 最短即日融資も可能 契約日の翌日から最大30日間 ・初回利用
・返済日を35日ごとに契約
アイフル 年3.0%〜18.0% 最短即日融資も可能 契約日の翌日から最大30日間 ・初回利用
・無利息キャッシングローンを利用
レイクALSA 年4.5%〜18.0% 最短即日融資も可能 契約日の翌日から最大30日間 ・初回利用
契約日の翌日から最大180日間 ・初回利用
・契約額200万円以下の人で、借入額5万円まで

レイクALSAには2種類の無利息サービスがあります。返済回数と借入額によって得する金額が違うので、下記の表を参考にしてください。

1回払い 3回払い 6回払い 12回払い 24回払い
5万円 どちらも同じ 180日間無利息サービスが得
10万円 30日間無利息サービスが得
20万円 30日間無利息サービスが得 180日間無利息サービスが得
30万円 30日間無利息サービスが得
50万円

金利を引き下げる方法

金利引き下げ

金利は金融機関が審査の結果で決めますが、最初に設定された金利がずっと適用されるわけではありません。定期的にカードローンを利用して、延滞や滞納なく返済をしていれば優良顧客と認定されて金利を引き下げてもらえる可能性があります。

また、増額も金利引き下げのチャンスです。増額申請をして100万円以上の限度額が設定されれば利息は15.0%以下に下がります。複数の会社から少額ずつ融資をうけているとどこの会社でも上限金利が設定されてしまうので、増額申請をして1社にまとめてしまった方が金利は節約できます。この場合、増額を申し込むのは「金利が一番低い会社」か「一番最初に契約した会社」にしましょう。

まとめ

金利について理解していただけたでしょうか?難しいことはよくわからないという方は、一覧表を参考に借入先を決定してください。

初めての借入なら、上限金利をチェックする。
10万未満は15.0%、100万未満は18.0%、100万以上は20.0%。それ以上は闇金。絶対に借りてはダメ。
限度額が高額になれば金利は下がるので、新規借入先に申し込むよりまずは増額申請。
無利息サービスを利用すれば、適用期間の利息がまるごと0円になる。

ピンチくん
金利20.0%以上はブラック金融なんだ。覚えておこう。

キャッシー
いくらお金に困っても絶対に借りないでね。私だって助けてあげられないわよ。

(文:

関連ページ

ホントに借りれるカードローン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
// おまかせ広告